落第忍者乱太郎 1巻 6章 行きはよいよい"くの一"教室


スポンサーリンク


■あらすじ
山本先生からの招待で、くの一教室を見学する事になった一年は組。
女の子に会えると、大喜びの乱太郎達ですが・・・。


■全体感想
落乱界のヒロイン・・・の皮を被った最凶キャラ達の初登場回ですw
くの一達は原作とアニメでキャラがかなり異なる事で有名で、アニメから原作を見始めた方には違和感があるのではないでしょうか。

言っちゃえば、アニメのくの一達は多少気が強く、男勝りな所はあるものの、普通に女の子らしいヒロインキャラしてます。
しかし原作のくの一達は男より怖い女忍者として描かれており、ヒロインと言うよりはまさに最凶キャラ・・・w

原作とアニメ版・・・どっちのくの一に好感が持てるかは個人差があると思いますが、少なくとも、原作のくの一達は可愛い萌えキャラじゃなくて、その最凶っぷりを楽しむキャラとして考えた方が良いですねww


■各キャラ
●乱太郎
女の子達に会えると喜ぶも、ユキちゃんの態度に騙され、池につき落とされました。
・・・でも、他のは組メンバーに比べると、まだ軽い被害で済んだように見えるのが、原作くの一の恐ろしいところですねw

その後も順調に酷い目に合わされたようで、31巻になる頃にはユキちゃん達を見ただけで逃げ出すようになりましたとさ。
・・・主人公とヒロイン(?)の関係として、いーのかそれで?ww

●きり丸
1人だけくの一に興味を示さず、くの一教室に来た時も、先生達と一緒に団子食ってました。
おかげでは組では唯一、くの一達から被害を受けずに済んでいます。

まあ、10歳なら、まだ異性に対して関心を持っていなかったとしても、おかしくはないですね。
・・・もしかしたら、年齢の問題じゃなくて、あまりに波乱万丈な人生を送っているせいで、異性に目を向ける余裕が無かっただけなのかもしれませんが。

●しんべヱ
しんべヱにしては非常に珍しく、食べ物でなく女の子に夢中になっていましたが、名も無きくの一生徒に騙され、2B弾入りのクッキーを食わされました。
・・・そんなものどうやって作るんだとか、ギャグ漫画じゃなかったら死ぬだろとかのツッコミはありなんだろうか?w

●庄左ヱ門
他のは組メンバー共々、くの一達から被害を受けていました。
目にたんこぶを付け、腕を押さえている姿が痛々しいですw

●ユキちゃん
くの一教室の生徒の一人。
4巻まででは、くの一教室の生徒で唯一、顔と名前が設定されていました。

しょっぱなからさっそく、乱太郎を惑わした挙句、池に蹴り飛ばしており、その最凶っぷりを存分に発揮していますw
ってか、ユキに限らず、純粋なは組達を騙して酷い目に合わす気満々のくの一達、マジ怖いですねww

なお、設定上ではユキちゃんはお金持ちのお嬢さんで、行事見習いのつもりで忍術学園に入学したらしいです。
なんか全力で全てがおかしいと思うのですが、可愛い娘を過酷な戦国時代でもたくましく生きていけるよう育てる・・・という意味では、もしかしたら正しい選択なのかもしれませんね。
きっとw

●土井先生
酷い目に合うことを承知の上で、は組達をくの一教室に連れて行くなど、何気に容赦無いです。
痛みを知ることも教育の一環だと考えているのでしょうか・・・おお、スパルタスパルタw

しかし、危機感無く、くの一教室に入る生徒達を止めようとして、自分がつり座敷に落ちてたりもしていました。
気の毒なのか、因果応報なのか・・・w

●山本先生
くの一の術の訓練か、どうやらくの一教室では、積極的に男を騙す教育を行っているようです。
生徒と違い、ぱっと見は温厚な性格のように見えますが、さすが(?)はくの一教室の先生だけありますw


■名言集
●土井先生「わかったか? これがくの一の術だ つまり、かわいい顔や態度で相手を油断させるのだよ」

くの一(女性忍者)については、男性忍者以上に存在を疑問視されている節がありますが、この台詞を言葉通りに解釈するなら、現代にいたるまで、くの一の術を使っている人って、あちこちにいる事になりますよね(酷ぇw)。
まあ、忍者がどうこう関係なく、昔から続く人間の処世術の1つって事なんでしょうが。


■その他
●6章の表紙
トモミが移っていますが、実はトモミは5巻からの登場になるので、この時点ではまだいません。
単行本1巻はトモミ登場後に発売されたのかな?


スポンサーリンク


落第忍者乱太郎 ストーリー 考察に戻る  落第忍者乱太郎 メモ帳に戻る  本 メモ帳に戻る   トップに戻る