落第忍者乱太郎 2巻 5章 新学期も相変わらずです


スポンサーリンク


■あらすじ
忍術学園の学園生活その4。
新学期になり、転校生の喜三太も登場し、学園はますます賑やかになります。


■全体感想
喜三太と食堂のおばちゃんが初登場した回です。
食堂のおばちゃんはともかく、喜三太はなめくじ好きの設定が無いなど、まだキャラが固まりきってないようです。
とはいえ、この頃からマイペースな性格なのは変わらないようで、他のは組メンバーに比べると、初期から印象に残りやすいですね。

元々落乱が壮大な伏線なんて不要で、多少、キャラの特徴が変わっても問題無いタイプの作品だからってのもありますが、昔の漫画って、こうやってキャラを試行錯誤しながら、完成させてたんだなぁ・・・と、思いました。


■各キャラ
●乱太郎
雨とアメを勘違いしたり、室内が39度なら、36度の人間に触れていた方が涼しいに決まっているじゃない!! ・・・などと、よくわからん理屈で、他のは組メンバーとくっつき合っていたりと、なんだかおバカなシーンばかり目立ってました。

しかし、その後の先生達の台詞もあって、ふじ・・・・・・ゃなくて、特殊なファンが大喜びしそうな展開ですね。

●きり丸
刀でカボチャの居合い抜きをするも、失敗したシーンが一番印象に残りました。
・・・まだ、カボチャ斬りは修得してなかったかw

●しんべヱ
36度でも1人、平然と寝ていました。
しんべヱは体が強くて、羨ましいです。

●庄左ヱ門
土井先生の立ちすぐり居すぐりにより、居眠りしていたことがバレました

庄左ヱ門って、そんな不真面目なキャラだっけ?w
・・・でもまあ、後の巻になっても結構、テストや宿題などから逃げようとはしてるけど。

●喜三太
風魔の忍術学園から来た転校生で、8人目のは組メンバーです。

キリの術、風邪の術、水の術を披露したり、味噌汁にカボチャを丸ごといれ、団蔵に殴られるなど、早くもそのマイペースっぷりを発揮していますw
さすが三人組以外のは組メンバーでは、庄左ヱ門と並んで認知度が高めなだけあって、初めから個性的ですね。

●団蔵
みそ汁の具をカボチャに丸ごと入れるよーな奴と、食事当番を組まされて、大変そうでした。
そういやこのネタ、実は公式ガイドブックでもひそかにやってますw

●伊助・虎若
一応、ちょいちょいコマに描かれてるし、台詞もありますが、モブ感が半端ないですw

●ユキちゃん
モブくの一と一緒に、戸部先生に焼きナメクジを食わせていましたw
弱き者には先生ですら容赦無い、くの一達マジ最凶ですww

●土井先生
カマボコが食べれず、食堂のおばちゃんにボコボコにされてました。
何気に土井先生の練り物嫌いな設定が初登場です。

・・・しかし、忍者の先生の癖に、好き嫌いなんてして良いのだろーか?。
野村先生といい、忍術学園には食べ物の好き嫌いをする先生が多いですw

●山田先生
今章は授業中での登場が多め。

乱太郎の勘違いに気付かず、笑顔でひどい雨の中、校外50キロマラソンを実行していたシーンが印象的です。
スパルタだなぁw

●戸部先生
乱太郎達にとうもろこしを斬らされるわ、くの一達に焼きナメクジを食わされるわと、散々な目に合ってました。

つまり、武術に優れていて強い≠人間として尊敬に値するカッコいい人 ってことですね(武術に励んでいる人達に謝れw)。
・・・戸部先生は本当に情けないなぁw

●学園長
煙玉で格好良く登場しようとするも、失敗しました。
さらにカッコよく飛び去ろうとするも、失敗しました。

これが年よりの冷や水・・・ゴホン、ゴホン。
・・・でもまあ、シリアスな場面ではそれなりにまともな事が多いだけ、戸部先生よりは威厳があると思いますw

●食堂のおばちゃん
文字通り、忍術学園の食堂のおばちゃんで、今章初登場。
ほぼレギュラーのアニメと違い、原作での登場頻度は少なめですが、性格に違いはあまりありませんw
でも、アニメの方が若干優しいかな?

今章ではさっそく、お残しをするしんべヱと土井先生をボコボコにして、その強キャラっぷりをアピールしています。
なお、この段階ではまだ「忍術学園最強」の肩書きは無いですw


■名言集
●山田先生「しかしほんとに今夜は・・・・・・」
  土井先生「・・・・・・暑いですね」
  山田先生「わしは40度でもがまんできるぞっ!!」
  土井先生「あたりまえですっ なにを考えてるんですかっ!?」

乱太郎達が、室内が39度なら、36度の人間に触れていた方が涼しいに決まっているじゃない!! ・・・などと言って、騒ぎを起こしてた話のオチ。
子供の頃に見ても、先生達、なんでそんなに騒いでるんだ? と感じるだけですが、大人になってから見たら、ああ、そういうネタなんだなぁと理解してしまう台詞ですw

今の落乱事情から考えると、この台詞の存在を知るだけできっと、落乱2巻が飛ぶように売れること間違い無し・・・って、そんな訳ないかw
もし、本当にそんなことになったら、いくらなんでも異常すぎますよね。
ハハハ。


■その他
特に無し


スポンサーリンク


落第忍者乱太郎 ストーリー 考察に戻る  落第忍者乱太郎 メモ帳に戻る  本 メモ帳に戻る   トップに戻る