落第忍者乱太郎 3巻 9章 売られたけんかは値切って買おう


スポンサーリンク


■あらすじ
忍術学園の学園生活その6。
売られたけんかを値切ろうとすると、お礼に殴られますよというお話です。


■全体感想
今章は戸部先生VS牧之介(?)と、春休み前の学園生活を少し描いただけの章でやや短め。
・・・しかし、せっかく牧之介に完勝するチャンスだったのに、それを自分から台無しにするとは、もったいない話です。

ってか、戸部先生が牧之介とまともに戦って初勝利したのって、記憶が正しければ54巻だったような・・・しかも でw
剣道三段倍っていうし、拳で剣に勝利する戸部先生が強いって事なんでしょうが、空手やボクシングじゃないんだからww

弱点やら癖やらで、剣豪としての見せ場を中々作れない戸部先生も大変ですね。


■各キャラ
●乱太郎・しんべヱ
三人で戸部先生VS牧之介を盛り上げようとしたシーンは、まさに小さな親切余計なお世話でしたw

●きり丸
ケンカを値切るとか言い出したり、宴会のジュースを薄めるところが、きり丸らしいです。

●庄左ヱ門
相変わらず三人組以外のは組メンバーの中では、出番が多め。
そして長期休暇中の宿題からはなるべく逃げようとするところも庄左ヱ門クオリティですw

そういや公式ガイドブックでも、優秀とか冷静沈着とは説明されているけど、真面目とは一言も書かれてなかったよなぁ・・・と、ふと思いましたww

●伊助・喜三太・団蔵・虎若
春休み前の宴会などで、顔見せ程度ですが登場。
なお、兵太夫と三治朗はまともに顔を描かれているコマがなかったため、省略していますw

・・・兵太夫はまだ、校外実地学習編でちょいちょい登場してるし、台詞もありましたが、三治朗の影の薄さは異常ですねww
56巻の台詞から推測するに、もしかしたらデザイン上の問題で、意図的に描かないようにしていただけの可能性もありますが。

●土井先生
乱太郎達に春休みの宿題をさせるため、食堂のおばちゃんに話を付けていました。
・・・時々、乱太郎達が宿題から逃げられないよう、上手い策を立てる事がありますねw

●山田先生
宿題から逃げようとする乱太郎達には、さしもの山田先生も追いつけないようですw
・・・土井先生じゃないけど、これが授業に活かせりゃ、は組は立派な忍者になれそうですねww

●食堂のおばちゃん
忍たまの友を持つまで弁当を作らないとかいって、乱太郎達を宿題から逃げれないようにしていました。
笑顔の時でも手厳しいなぁw

●戸部先生
昼飯も食べてるし、せっかく牧之介に完勝するチャンスだったのに、それを自分から台無しにしました。
あまりにもったいない話ですねw
・・・せっかくの見せ場なんだから、乱太郎達に屈せずに戦えば良かったのにww

けど、戦闘前に食事か・・・管理人なら、攻撃食らったり、激しく動いた時に吐きそうでヤダから、戦う前は食べないか、軽い物だけにします。
でもまあ、食べないと力が出ないってのも間違ってはないからなぁ・・・戸部先生は極端だけど。

そういうのってどうするのが一番正しいんでしょうね。

●牧之介
わりと早い再登場です。

この頃はまだ小松田さんがいなかったからか、普通に忍術学園に入ってきています
・・・小松田さんがいない頃の忍術学園はほんとーに、警備がザルだからなぁ。
ああ見えて小松田さんは、忍術学園にとって必要な人材だったのかもしれません。

しかしせっかく修行を積んで、わざわざ忍術学園にやってきた牧之介ですが、乱太郎達に石投げられるわ、決闘のモチベーションを下げられるわと散々な目にw
なんかこの章の牧之介は単なる被害者にしか見えないです。

●尼子先生
登場人物を使って、ミスを謝罪していました。
謙虚だなぁ・・・w


■名言集
●乱太郎「じつは第二、第三巻の中で しんべヱの手が両方とも左手になっていたところがあるんです」

三巻の方はこの台詞のページ(P219)でしたが、二巻の方は・・・P130あたりのような気がするけど、はっきりとは断言出来ませんouz
頑張って探してみましたが、手が指まではっきり描かれている場面が少なくて、イマイチよくわからなかったです;;

・・・手や足が両方同じになってたとか、当時の読者の方はよく気付いたよなぁ・・・。


■その他
特に無し 


スポンサーリンク


落第忍者乱太郎 ストーリー 考察に戻る  落第忍者乱太郎 メモ帳に戻る  本 メモ帳に戻る   トップに戻る