落第忍者乱太郎 5巻 3章 あの「くの一」がパートナー


スポンサーリンク


■あらすじ
今章は落乱初となる、くの一教室との合同授業。
隠れ蓑の術の実習として、こわ〜いくの一教室と協力して、こわ〜い食堂のおばちゃんがいる調理室に忍び込んで、来月の献立表を取ってこなければいけません。

乱太郎達はくの一達と力を合わせ、隠れ蓑の術を成功させることが出来るのでしょうか。


■全体感想
今章は隠れ蓑の術とくの一の術の描写がメイン。

こういう時に備えてかどうかはわかりませんが、くの一達が常日頃、調理室の掃除を手伝っているおかげで、楽に調理室に忍び込めたというのが面白いですね。
1巻6章で土井先生が言った通り、かわいい顔や態度で相手を油断させるくの一の得意技をわかりやすく見せてくれています。

・・・まあ、この漫画のくの一達は、態度とかだけでなく、普通に戦っても強い子達ばかりなのですがw
くの一ならではの長所と、男忍者並の戦闘力を兼ね備えたユキちゃん達は、本当に最凶の存在だと思いますww


■各キャラ
●乱太郎
ゴミ箱を隠れ蓑に献立表を取る作戦を立案しました。
自分達だと怪しまれるからと、ユキちゃん達にゴミ箱に移動を頼むなど、抜け目ないです。

・・・こーしてみると、乱太郎って主人公してるなぁって思いますw

●きり丸
1巻6章で被害を受けていないせいか、は組では唯一、くの一にビビッていなかったのが印象的。

なお、今章からじゃんけんでグーしか出さない設定が加わったようで、そのおかげでゴミ箱に入って隠れ蓑する役をさせられる羽目にw
おばちゃんに見つかってボコられることこそ無かったものの、上からゴミで押さえつけられたせいでぺちゃんこになるなど散々な目に合っていますww

今章では、乱太郎に負けず劣らず、不運小僧でしたw

●しんべヱ・庄左ヱ門
他のキャラより台詞は少し多めですが、今章では出番は控えめです。

●伊助・喜三太・団蔵・虎若・兵太夫・三治朗
今章は顔見せ程度の出番しか無く、台詞の無いメンバーもいました。

●ユキちゃん
他のくの一達もそうですが、今章では乱太郎達に意地悪することなく、素直に協力し合っていました。
いつでも意地悪しているように見えて、意外にそうでもないのが意外ですw

それにしても、普段から調理室の掃除とかをしているのは、素で進んでやっているだけなのか、こういう時の備えてやっているのか、どっちなんだろう?

●トモミちゃん
アニメではお馴染みのトモミちゃんも、原作では実は今章が初登場。
空手が得意で、57巻では四年生の滝夜叉丸と互角の戦いを繰り広げたスーパーガールですw

でもまあ、今章ではくの一教室の生徒その2みたいな扱いでわりと地味。
台詞もユキちゃんと比べるとかなり少ないです。

なんか一部を除いて、忍たま達の初登場回って、初登場にも関わらず扱いが小さいですね。

●土井先生
くの一と合同で、隠れ蓑の術の実習授業を行いました。
しかし、教科担当教師なのに、実技の授業もあるんですねw

それとも、この人の教育方針が実戦で鍛えるスタイルなんだろうか?

●食堂のおばちゃん
土井先生の授業の実験台にされましたw
忍者の学校って、こういう事が日常茶飯事なんだって考えると、先生も生徒も事務員も食堂のおばちゃんも大変そうですw

なお、忍術学園最強設定はこの章からの設定のようですw
でも、日頃の実績があるとはいえ、くの一にあっさり騙されるあたり、忍者に対しての警戒心などはあまり持っていないようですね。
・・・27巻でも黒トカゲの喜車の術に引っ掛かってたしなぁ。


■名言集
●ユキちゃん「そのゴミ箱そうやって見ると・・・ お棺みたいね」

今章ではわりと良い子だったユキちゃんですが、縁起でも無い台詞をサラっと吐くところがやっぱりくの一生徒w
無邪気な表情でしゃべっているのが笑えますww


■その他
特に無し 


スポンサーリンク


落第忍者乱太郎 ストーリー 考察に戻る  落第忍者乱太郎 メモ帳に戻る  本 メモ帳に戻る   トップに戻る