ロボポン1 プレイ日記7


スポンサーリンク



〜グレイテスト2挑戦中〜


「ネタゲーも終盤はシリアスになります。」


さて、次はグレイテスト2・・・なんですが、ドクター・ゼロが登場し、話は一気にシリアスモードに。
ちなみにかなり初期の段階で、正式名称こそ出てきませんが、ドクター・ゼロの事を話すNPCが登場しています。

余談ですが、グレイテスト6挑戦中、TVを逆走すれば、カマットの事を話すNPCと会うことも出来ます。
変なところで先の展開への伏線を貼ってますね。
まあ、そういうのは嫌いじゃないですがw




まず、テールじょう ちかしつの攻略は、タンサンと新入りのノロイダーで行います。

ノロイダーは防御そこそこ、ふきや補正の高いすばやさで回避も出来る耐久型・・・のように見えて、HPがやや低いのと、回復系の技がないため、固いんだかそうじゃないのかわからない奴ですw
バグ技とアタック(ふきや)による一撃必殺が得意。

ただまあ、一撃必殺は発動率がかなり低いので、あまり頼りすぎると、逆に隙が多くなる気がします。
バグ技は比較的安定して強いですが、サビの方がつy。
まあ、同等以下の相手なら、バグ技→適当な攻撃(ハーケン)のパターンはそれなりに強力です。

(一応)タンサンの力を借りてとはいえ、テールじょうの兵士達をなぎ倒すノロイダーは中々優秀ですね。
なんつーか、バランス良く強いって感じ?
ブート族で成長が早いのもポイントです。


続いて、ドクター・ゼロのデシ達には、コジロウ、ナース、マーシャルで挑みます。
一応ムサシもいたけど出番は無かったw

なお、コジロウは、ガーナいせきのペンちゃんを進化させ、剥ぎ取ったオメガv1×3を装備。
実は月Verでは、ガーナいせきのペンちゃんがオメガv1×2を装備しており、捕まえてクージランに進化させ、剥ぎ取れば、v1とはいえ、誰でもオメガ系統の技を使えるようになります。
※ガーナいせきにいるペンちゃんなら、誰でもオメガv1を装備しているわけではありません。

オメガv1×3で使えるオメガストライクは威力が高い上、追加効果で相手がていしすることもあるので、中々強力。
効果があるのか無いのかよくわからないびゃっこよりはよほど役に立ちますね。
ただ、ソフトの組み合わせ上、相手が氷だとほとんどダメージを与えられなくなるのと、v1の割りに消費EPが高いのが難か。

変わらずせいれい&ようせいで戦うナース共々、頑張るコジロウですが、そんな2体を嘲笑うかのように、高い火力でゴリ押すマーシャルw
Lvが7上のタンイチを2撃で倒す馬鹿力っぷりでしたww
ミサイル装備のコジロウ達と比べ、防御力が低いのが少し不安でしたが。


そして次はツキガおかを攻略・・・と行きたいものの、今のメンバーのレベルは40未満。
テールおうじに会うだけならともかく、そのままツキガおかを攻略するにはやや頼りなく感じました。
なんで、図鑑埋め用のロボポンを集めながら、レベルアップに励みます。

あと今更ながら、レベルの割りに攻撃力が激低のタンサンはロボポン捕獲に適しているなと思いましたw
初代ポケモソのれいとうパンチ持ちのエビワラーが、ポケモソ捕獲に適しているのと同じ理屈ですね(酷ぇw)。

一通り、PTのレベルを上げた後、いよいよツキガおかの攻略に挑みます。
さすがストーリー攻略では最後に登場するダンジョンだけあって、強力な野良ロボポンが登場しますが、むしやら暴走状態やらになっているロボポンが多いせいか、良い経験値稼ぎ場にもなりますw

そして最深部・・・王家の秘宝を巡り、ラスボスより強いかもしれないハンターにバトロボ勝負を挑みます。
こちらのPTは、ノロイダー、ロボまる、ムサシ、マーシャルで、全員Lv48。
対するハンターのPTは、メスカル1体のみですがLvはなんと60です。

大丈夫かなぁ・・・と思いつつ、ふきややデスなどによる、一撃必殺で勝利を狙いますが、全く先手が取れません
しかもたった1撃で、ブート族のノロイダーも、ミサイル装備のロボまるやマーシャルもぶっ壊されます

ちなみにこのメスカルは、アルファソフトを3つ装備しているようで、アルファストームすら使える模様。
攻撃力と素早さだけでなく、防御力も非常に高く、こちらのPT最強の攻撃力を誇るマーシャルのファイアブレスが当たっても70程度のダメージしか与えられません。
メスカルは風属性なので、相性良いはずなのに・・・これは酷いw

無理ゲーに近かったですが、ムサシだけは火属性だったおかげで、相手の攻撃を2回までなら耐えることが出来ました。
おかげで、ふきやによる一撃必殺をなんとか発動させることに成功し、強敵メスカルを撃破することに成功します。
5回近く負けたんだけどw

そして王家の秘宝こと、モリスのなみだGet!!

ここでまさかのムサシ大活躍です。
なんかムサシ、能力的にはPT内では中の上くらいなんですが、1番頼れるような気がしますねw


さて、ツキガおかの用事も済んだところで、いよいよグレイテスト2ことテールおうじ戦。
こちらのPTは、トリペル、ナース、ストーンと・・・あとなんだっけ?(酷ぇw)で、全員Lv50。
対するテールおうじのPTは、ミクロ、マクロ、ニークロ、シルバーンで、全員Lv50。

先手は速攻アタッカーとして定評のあるトリペルですが、相手PT最弱のミクロ相手に6割ちょいしか削れません。
しかし、相手の攻撃も60程度しか受けなかったので、ミクロはどうにか倒せました。

とはいえ、次のマクロ相手にはマシな時で150、海属性の攻撃を受けるとなんと230前後もダメージを食らってしまいます
ていしも決まらず、結局負けてしまうトリペル・・・。
・・・・・・そろそろトリペルでは、ゴリ押しは難しくなってきたのかもしれません。

けれどそれでも8割近くは削ってくれたおかげで、2番手のナースであっさりトドメを刺す事に成功します。
次のニークロはさすがにナースでは荷が重いかと思ってたのですが、ミサイル+ようせい&せいれい技の力で粘り強く戦い、なんとたった1体でニークロ撃破!!
そして大将シルバーンも1体で9割近く削る程に追い詰めます。

・・・ナースってこんなに強かったっけ?
いくらミサイルを装備しているといっても、シルバーンの攻撃を食らって、ほぼ最低限のダメージしか受けないなんて、完全に予想外でした。

しかしさすがにHPもEPも底を尽いてしまい、シルバーンを撃破する事は出来ませんでした。
でもまあもう敵のシルバーンはボロボロだったので、後はストーンがトドメを刺して試合終了。
相手の主力を倒した、と言えば聞こえが良いけど、結局今回もストーンの出番はほとんどありませんでした。




これでグレイテスト2Get!!
ところが、ドクター・ゼロは理不尽な謎パワァで、ダースひめを鏡の中に閉じ込めてしまいました。

・・・ダースひめ・・・特に意味はないけど、とりあえず嫌がらせしときたいし、みたいなノリで鏡にされてしまうなんて・・・なんて可哀想なんだろう。
そんなダースひめを不憫に思ったユースケは、一滴のモリスのなみだを流しました。
するとなんと、鏡になったはずのダースひめが元の姿に戻るではありませんか!!

こうして、テールおうじとダースひめは救われ、ユースケもご褒美をもらって幸せになりましたとさ。
めでたし、めでた・・・し?




結論:意外に火属性は優秀です。


〜つづく〜




----ロボポン達の活躍記録----
トリペル:テールおうじ戦で出番有。さすがにインフレには勝てず、最弱のマクロすら1撃では倒せず、ていしも決まらず、ミクロをかなり消耗させるも、敗れる。勝利に貢献はしたが、少し寂しい結果だったかも。
ロボまる:ハンター戦でやられ役に甘んじてた。よくよく考えると一番良いとこなかったかもw
ムサシ:ハンター戦でふきやによる一撃必殺を見事に決め、勝利に貢献。グレイテスト2挑戦中では一番輝いたキャラかも。
タンサン:ノロイダーとコンビでテールじょうの兵士達を蹴散らすのに活躍。野良ドクロイド相手に一撃で壊されるなど、情けないところもあったが、まあ能力の割りには頑張った方かなとw
ストーン:テールおうじ戦でシルバーン相手にトドメ刺しただけで終了w なんか、あんまり出番を与えてやれないですww
コジロウ:ゼロのデシ達相手に奮闘。オメガストライクは中々強いが、EP切れが悩みのタネ。まあびゃっこ(笑)よりはよっぽど良いが。
ナース:ゼロのデシ達や、テールおうじのニークロ、シルバーン相手に健闘。せいれいは相変わらず微妙だが、ミサイルとようせいが思った以上に強いことを再認識した。最終的にやられはしたが、テールおうじ戦では一番の立役者。
マーシャル:ゼロのデシ達を軽く捻り潰したが、ハンターのメスカルLv60相手にはなす術もなかった。本当に同等以下には強いが、格上には弱いを地で行くなぁw
ノロイダー。意外とバランス型で、テールじょうの兵士達を蹴散らすのに活躍したが、一番期待していたハンター戦では、自慢のふきやを使う間もなく、やられ役に甘んじるなど、良いところがなかったouz
コナース&キュータ:倉庫で仲間達の身を案じていた。


スポンサーリンク


日記帳に戻る  トップに戻る