ドラクエ10 プレイ日記18


スポンサーリンク




今回の日記は、旅人バザーと旅のコンシェルジュネタについてです。
あと余談でちいさなメダルに関するクエストのことも少しだけ・・・。

ちなみにグーグル先生曰く、コンシェルジュってのはホテル職域の一つで、宿泊客の様々な相談や要望に応える係だそーで。
初めて知った・・・。


ドラクエ10は正攻法では非常にゴールドがたまりにくいです。
モンスター1匹倒すにつき入手出来るゴールドは、基本1桁、よくても10ちょっとだし、アイテムも元値の1/5、ひどければ1/10以下でしか売れません。
ドラクエ8も錬金システムを引き立てるためか、モンスターからのゴールドの入りが悪かったですが、ドラクエ10はもっと悪いです。

↓ 5ゴールドしかくれません。たまたまではなく、基本的にはこんなもんです。


まあフリーの場合はしょっちゅうより道しているので、素材アイテムを結構拾えています。
素材アイテムは高いものなら、普通に売っても1個30ゴールド以上で売れるので、宿代や序盤の装備品を調達する程度なら、それでも十分だったりします。
けど中盤以降になると、武器や防具を1つ買うのに1000ゴールド以上の出費は平気でするし、サポート仲間を定期的に雇うためにゴールドが必要だったりします。
なので、適当に素材アイテムを売るだけでは厳しくなってきます。

まれに宝箱から大金や高価なアイテムなどを入手出来ますが、赤宝箱は数が限られているし、青宝箱は出現がランダムだし・・・。
黒宝箱なんて見かけても、今の時点では開けることさえ出来ません。
これは酷い。

きっと今作では、今まで以上に財政難で苦しむプレイヤーも多いことでしょう。


けれど旅人バザーをうまく利用すれば、実はゴールドはかなり荒稼ぎ出来るようになっています。



旅人バザーでは1回10ゴールドで、装備品やアイテムを任意の値段で売り出せます。
もちろん、他のプレイヤーの方が出品したアイテムを購入することも可能です。

↓ 旅人バザーでアイテムを買ったり、売ったりしている図。
 

ちなみに旅人バザーは大陸ごとに区切りがついているようで、例えばプクランド大陸の旅人バザーと、オーグリード大陸の旅人バザーでは商品の種類や値段が異なっています。
似たような状況になっているケースも多いですが・・・。

基本的にドラクエ10では、普通の店でアイテムを売買するより、旅人バザーで売買する方がお得です。

売り手からすれば、しょぼい捨て値でアイテムを売るより、原価に近い値段でアイテムを売れる方がお得だし、買い手からしても、本来よりも安い値段でアイテムを買える方がお得です。
何という一挙両得・・・サポート仲間のシステムといい、ドラクエ10はこういうところが非常に良く出来ていますね。

↓ そこいらで拾えるアイテム1個が、何百ゴールドもの大金に化ける・・・とてもオイシイです。


ただし、注意点もいくつかあります。
まず売り手に立つ時は、どんなに安くても本来の売値+10ゴールド以上の値段設定をしないと、普通に売るより安値になってしまいます。
アイテムによってはやたらと安値で取引され、本来の売値+10ゴールドですら、売れる望みが薄いことも・・・。
そういう場合はあきらめて普通に売るか、売る時期をずらす、別の大陸で高値で売れないか調べてみる、などの方法を取った方が良いかもしれませんね。

また素材アイテムは、職人になって装備品の作成・強化を行う時に、重要なアイテムとなります。
特にどうのこうせきやてっこうせき、コットン草などは、見習い職人の間から使用率が高いので、下手に売ると職人になってから困ることも・・・。
幸い、駅が利用出来る状態なら、武器鍛冶、道具鍛冶、さいほう、ツボ錬金、ランプ錬金職人にはすぐなれます。
一旦、職人としての経験を積んでから、不要な物を見極めて売る、という風にするのもありだと思います。

↓ フリーもやらかしてしまいました。どうのこうせきなんかは拾いやすいわりに高値で売れやすいからつい・・・。


あと時々ですが、普通の店で普通に買えるものが、原価よりも高値で売られているケースがあります。
なので原価よりも高値で売られていないか、せんれきなどで事前に調べてから購入する方が良いと思います。
買い手に立つ時もそうですが、売り手に立つ時もこの点は注意が必要です。
・・・例えばの話、普通の店で1個8ゴールドで買えるやくそうを、旅人バザーで1個100ゴールドで買う人なんてまずいないからなぁ。

とまあ長々と書きましたが、旅人バザーを有効利用すれば10000ゴールドだってあっさり稼げたりします。
現実もゲームみたいに簡単に金が稼げたらなぁ、と思う今日この頃です(泣)。


こんな感じで、ゴールドの場合は戦闘以外にも稼ぐ方法は色々ありますが、経験値の場合は戦闘以外に稼ぐ手段はほとんどありません。
他の日記でもよく書いていますが、ドラクエ10は従来に比べるとレベルアップの敷居が高いから・・・。

しかし元気玉というアイテムを利用することで、経験値もある程度効率よく稼ぐことが出来ます。
元気玉を使うと30分間、モンスターを倒した時にもらえる経験値とゴールドが2倍になります。



元気玉は旅のコンシェルジュのサービスカウンターからもらうことが出来ます。
日記で触れるのは初めてですが、宿屋内でよく見かけるあれのことです。

↓ あれ。


これも預かり所と同じく、特定のクエストをクリアしないと利用出来ないようになっています。
しかもこちらはレベル15以上にならないとクエスト受注すら出来なかったり・・・面倒だなぁ。



まあクエスト自体は、リリパットかしびれだんびらを倒しまくって、アストルニウムという鉱石を持ってくれば良いだけなので楽でしたが。
しびれだんびらには会ったことはありませんが、リリパットならポーポラ地方でたくさん生息してますし。

↓ 狩人なのに狩られることの多いリリパットさんw


クエストをクリアすれば、旅のコンシェルジュを利用出来るようになり、元気玉ももらえるようになります。
大雑把に言うなら、元気玉は22時間ゲームをプレイしていないと1個もらうことが出来ます。

↓ 元気チャージ、というものを22時間消費すると元気玉を1個もらえます。ゲームが未プレイの状態が長ければ長いほどたまっていきます。


他にもリアルタイムで1週間毎にゴールドがもらえたりと、旅のコンシェルジュは何かと便利です。
レベル15以上になったら、すぐにでも使えるようにしておきたい施設ですね。


冒険者の頼もしい味方、旅人バザーと旅のコンシェルジュ。
それらの施設の力を借りつつも、フリーの修行の旅はまだまだ続きます。




〜余談〜
キラキラ大風車塔で出会った、レノッホという名前の疲れたおじさん・・・。



実はこの人、「メダル・オーナーの悔恨」というクエストクリアで重要な役割を果たすキャラです。
彼に会って一連のクエストをクリアすれば、メダル・オーナーという従来でいうメダル王的な立場のキャラと、ちいさなメダル交換が出来るようになります。



ちなみにフリーがGetした初めての景品はルーラストーンでした。
ちいさなメダル3枚で交換してもらえますが、ルーラストーンに関しては1回しか交換してもらえません。
・・・とはいえ、ルーラストーンが景品として存在していると判明したときは、随分びっくりしたものです。

↓ ルーラストーンがこうかんリストの下側に青字で記載されています。


なおドラクエ10では、モンスターを倒すと時々ちいさなメダルを落としてくれます。
特定のモンスターから・・・という訳ではなく、どんなモンスターからでもちいさなメダルGetのチャンスはあるっぽいです。

せんれきにも載らないので、通常ドロップやレアドロップとはまた別種のドロップなんでしょうね。


スポンサーリンク


ドラクエ10 プレイ日記帳 目次に戻る  日記帳に戻る  トップに戻る