ドラクエ10 プレイ日記31


スポンサーリンク




随分久しぶりな気がする日記更新。
今回はクエスト37「カギ師の小箱」ネタ。

遠慮なくネタバレしているので、自力でクエスト37をクリアしたい方は、見ないことを推奨します。
メインストーリーは基本、ピンク色になっているキャラの言うとおりに進むだけで良いので楽ですが、クエストは種類によっては謎解き要素がかなり強いものもあります。
クエスト37はその1つだったりします。
















ストーリーも中盤以降にもなると、赤宝箱の数がめっきり減り、逆に黒宝箱ばかりやたらと見かけるようになります。



でも特別なカギがないと開けることが出来ません。
なので、悔しい思いをしたプレイヤーの方も多いのではないでしょうか。

けど、そんな黒宝箱を開ける手がかりとなりそうなクエストを、メギストリス城で自称カギ師の盗賊?から受注出来ます。
レベル40以上必要ですが。



しかしまあ、盗賊?が堂々と城に居座っているってのもどうなんだろう・・・しかも宝物庫に。
城の住人だという可能性もなくはないですが、単にメギストリス城の連中が見逃しているだけ、という線の方が強そうです。
王子の不在に数年間気づかなかったメギストリス城の連中なら、盗賊の1人や2人見逃していたっておかしくはないしw


なおクエストの内容ですが、簡単に言うなら盗賊?からもらった小箱を開ければクエストクリアです。
しかし小箱には特別な術がかかっているため、それを解かないと開けることは出来ません。
どうぐ→だいじなものから、なぞの小箱を「つかう」と、術を解くためのヒントメッセージを見れます。



なぞの小箱には以下のヒントメッセージが刻まれていました。
「うるわしき女王の統べる白亜の城の南
 朽ちたる柵を越えゆけば透きとおった肌の
 姿なき魔女が手招きす。
 我を開きたくば
 呪いをその身に宿したまま
 魔女にとどめをさし勝利せよ。」

・・・なんか名探偵コナンの謎解きにでも出てきそうなメッセージ。

「多分、どっかの城の南にいる女王系のモンスターを、呪い状態のまま倒せばいいんだろうな。」と、適当に考えたフリーは、まず手がかりとなる場所を探すことから始めることにしました。
仮に女王系のモンスターを見つけたとしても、場所が違ってたら術は解けないのだろうし。
そこらへんは他のクエストでもそうですしね。

↓ クエストクリアは場所も大事。


今現在知っている城と言えば、プクランド大陸のメギストリス城、オーグリード大陸のグレン城、エルトナ大陸のカミハルムイ城・・・ドワチャッカ大陸のドルワーム水晶宮・・・は、城に当てはまるのかな?
しかし、上記の4つの場所には「王」はいても「女王」はいないんですよね。

↓ 「王」様達。
   

と、いうことはオーグリード大陸のガートラントという国か、まだ探索が進んでいないウェナ諸島のどちらかに「女王」の統べる城があるのかもしれません。
たまたま他のクエスト絡みでウェナ諸島にいたフリーは、まずはウェナ諸島から手がかりがないか探すことにしました。

ウェナ諸島は他の大陸と違って、船を使って別のエリアに移動したりするのが新鮮。
・・・って。



渡し守の方達がめちゃくちゃ核心についた台詞をw
ウェナ諸島のヴェリナードという国は「女王」様が統治しているようです。
おまけに・・・。



ヴェリナード領南って、ここが答えですって全力で強調しているかのようなエリア名
小箱のメッセージの指している場所がここだと思ったフリーは、女王系のモンスターが生息していないか探すことにしました。
※ちなみにガートラントに「女王」様はいませんでした。
  王女はいたけど。

しかし中々それっぽいモンスターが見つかりません。
なんとなくドラクエ9の、妖女イシュダルや呪幻師シャルマナみたいな奴がそうなのかな? と考えていたんですが、あきらかに怪獣っぽいモンスターが実は女王設定、というパターンもありえなくはありません。
もしかしたらさそりばちの亜種とかってパターンかもしれないし。

というか、「透きとおった肌」というのはわかるのですが、「姿なき」というのはどういう意味なんだろう・・・。
そんなことを考えながら探索を続けていると、「クリスタルハンド」というマドハンドの親戚のようなモンスターと遭遇しました。



・・・肌、透きとおってますね。
しかもこのモンスター、ヴェリナード領南 E-2にある柵の向こうにいました。
「姿なき」っていうのも、マドハンド達のキャラクター性を考えると当てはまっている気はしますが・・・女王?
でも手だけのモンスターの性別なんてわかんないですよねw

とりあえず始めて戦うモンスターだったので、まずは「みやぶる」を行った後、普通に倒してみました。
管理人は気に入ったゲームは無駄にやりこみたくなるタイプなので、レアドロップアイテムを調べる以外、実用性皆無な「みやぶる」も積極的に使っていますw

----追記----

・・・と思ったら、移動中は普通に使える特技でした>みやぶる
すみません、忘れてましたw
※移動中のみやぶるの効果は、宝箱にトラップモンスターが潜んでいるかどうかの確認。

戦闘中と移動中で、効果が全然違うんで、時々、同一特技であることを忘れてしまいますw

----

クリスタルハンドを倒した後、なんとなく気になってすぐにクリスタルハンドのまめちしきの2ページ目を調べてみると・・・。



「おそろしき氷の女王の手。氷の世界に旅人を閉じ込め・・・(以下略)。」

・・・。
なるほど、コイツ女王だったのか。
コイツで当たってたんだね。

どうでもいいことしか書いていないと思われた、まめちしき2ページ目が初めて活躍する瞬間です。

これで場所もモンスターも特定しました。
あとは、呪い状態でクリスタルハンドを倒すのみです。


もしかしたらクリスタルハンド自身も呪い攻撃が可能なのかもしれませんが、フリーは適当なモンスターから呪ってもらってから、クリスタルハンドを倒して小箱の術を解こうと考えました。
そっちの方が確実だと思ったので・・・。

↓ 適当なモンスター(どくろあらい)。裸になって守備力を落とすことも忘れずにw


しかしまあ、クリスタルハンドを探している間に呪いが自然解除されたり、呪いにかかっているせいで動きたい時に動けなかったり、サポート仲間の方達がおはらいで呪いを解除してしまったりと、失敗ばかり・・・。
知らなかったのですが、呪いは約5分半程度で勝手に治るみたいです(泣)。

それとおはらい、基本役に立つスキルのはずが、こういう時は仇になりまくっています。
おはらいは修得が非常に簡単(しんこう心スキルを8ポイント振るだけ)なので、覚えている方達も多いし。
リアル仲間だとともかく、サポート仲間だとこういう時、結構扱いが難しいですね。



しょうがないので、たまたまおはらいを修得していなかった1人を残して、待機状態にしました。
MPつかうなの命令でおはらいを使わせないようにする手もありますが、なんかのはずみで命令を変えると即座におはらいを使用するようなので・・・。

しかしそれはそれで今度はクリスタルハンド達と戦うときに苦労するんですよね。
回復手段がフリーのしゅくふくのつえくらいしかないし、一応レベル40以上になってから受注可能なクエストで戦う必要のある雑魚だけあって、2人で戦うにはやや辛い相手です。
しかもクリスタルハンドはコープスフライを呼ぶし、そのコープスフライが力ため→メラミでこちらを焼殺したりと・・・。

踏んだり蹴ったりとはまさにこのことだよ!!

↓ ちなみに主人公が死んだ状態で戦闘に勝っても、クエストクリアにはならないっぽいですw


フリーらしくダメなところばかりでしたが、それでもなんとか指定の条件でクリスタルハンドを倒すことに成功しました。
そしてなぞの小箱にかかっている術が消えます。
やったぜ!!



術が解けたので、例の盗賊?に報告しにメギストリス城に戻ります。
盗賊?からもらったカギでなぞの小箱を開けると・・・。


・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・。


・・・・・・。


・・・。


・・・なんと何も入っていませんでした。
あんだけ引っ張っておいて、そういうオチか。



どうもこの盗賊?さん、カギ師を廃業にするから、その前に誰かに自分の技術を託したかったようです。
でもタダで渡すのもあれだから、なぞの小箱に術を仕掛けて、チャレンジャー(クエスト受注者)を試していた、というのが真相のようで・・・。

↓ 妙に渋い台詞。管理人にはイマイチ実感がわきませんが、年食ったら皆そんなこと考えるもんなんでしょうか。


簡単にまとめると、結局フリーは暇人の酔狂に付き合わされただけでした
しかし、なぞの小箱を開けたご褒美(クエスト報酬)としてとうぞくのカギをもらえたので、ノープロブレムです。
というか・・・やったぁ。



これで黒宝箱をいくらでも開けれるようになりました。
黒宝箱以外にも、このカギを使って開けられる扉もあるようです。
これは嬉しい!!




こうして暇人の暇つぶしに付き合うだけで、超便利アイテムを手に入れたフリー。
フリーの気ままな冒険はまだまだ続きます。 


スポンサーリンク


ドラクエ10 プレイ日記帳 目次に戻る  日記帳に戻る  トップに戻る