ドラクエ10 プレイ日記66


スポンサーリンク




プレイ日記61〜65について。
実はあれは嘘日記だったのだ!!

・・・・・・・・・・・・説明するまでもないと思うけどw




本当のグレン城のストーリーはこんな感じ。




黒のキーエンブレムを手に入れるため、グレン城の兵士に志願しにきたフリー。
しかし何もしてないのに、頭痛持ちのおかしな王様に悪者扱いされ、牢屋に閉じ込められてしまいました。

↓ 王様は頭痛に苦しめられているせいか、精神までやばい状態で、ガートラントに無益な戦争を仕掛けようとしています。
 

フリーは牢屋の中で、ジダン兵士長から王様を助けて欲しいと頼まれました。
放っておくのもどうかと思ったフリーは、兵士長の頼みを引き受けることにしました。


(牢屋→宿屋へ・・・)


なつかしの賢者エイドス様から、王様を助けるためには、まずグレン領西の北部 ベコン渓谷の奥にあるレムルの聖杯が必要だ・・・と、アドバイスをもらいました。
なので、取りに行きます。


(宿屋→ベコン渓谷の奥(妖剣士の塚)へ・・・)


しかし、ようわからん骸骨達に喧嘩ふっかけられました。

↓ 妖剣士オーレンとやらが骸骨達の親玉で、理由は謎ですが、レムルの聖杯に強く執着しています。
 

なんでサクっと返り討ちにします。

ちなみに骸骨達はやたらと弱かったですw
適正レベルを無視しているのもあるかもしれませんが、ザイガスなどと比べても1ランク劣っていると思います。

骸骨達からレムルの聖杯を殺してでも奪い取る・・・ってもう死んでるかw
まあとにかく、レムルの聖杯を手に入れたので宿屋に戻ります。


(妖剣士の塚→宿屋へ・・・)


しかし、賢者エイドス様は伝言だけ残して、どっかに旅立ってしまいました。
ジジイてめぇ!!

 

無責任な賢者様のありがた〜いお言葉によると、聖杯を使って、雲上湖にあるグロリスの木が落とすしずくを持ち帰れば、王様を助けることができるとのこと。
・・・なんか釈然としないですが、とりあえず雲上湖に向かいます。

ちなみに、グレン領東→ゲルト海峡→ランドン山脈と進み、さらに南東に向かえば雲上湖に辿り着きます。
遠くて面倒臭いですw


(宿屋→雲上湖へ・・・)


ジジイもといエイドス様も忠告してましたが、雲上湖には何だか強そうな竜がいました。
まあそうは言っても、大陸第2のストーリーに登場するボスキャラだからなぁ・・・大して苦戦せずに倒せました。

 

しかしグレン城のストーリーは、大陸第2のストーリー中では唯一、ボス戦が2回発生するみたいですね。


竜(水竜ギルギッシュと言うそうです)を倒した途端、唐突にグロリスの木が生え、しずくが落ちてきたので、聖杯でキャッチしました。
そして無事、フリーはグロリスのしずくを手に入れることに成功します。

目的は果たしたんで、再び王の元へ。


(雲上湖→グレン城へ・・・)


フリーはジダン兵士長にグロリスのしずくを渡しました。
ジダン兵士長と愉快な仲間達は、見事な連携プレーで、注射を嫌がる子供のごとく暴れる王様に、グロリスのしずくを飲ませることに成功します。
そして無事、王様の頭痛は治り、正気を取り戻しました。

↓ 簡単に言うと、王様は一時期、呪いのネックレスを身につけていたため、頭痛に悩まされていたそうです。
 

もし、王様がおかしなままだったら、ガートラントに無益な戦争を引き起こした挙句、多くのオーガ達が苦しむことになっていたかもしれません。
・・・と、チグリ大臣が王様に教えてくれたおかげで、フリーの功績は認められ、見事、黒のキーエンブレムを頂けました。
ティルツキンの親戚みたいな見た目の割に(酷ぇ)、大臣良い人w

 


こうしてグレン城の危機は去りましたとさ。
めでたし、めでたし。




と、こんな感じのストーリーです。
一応、あの嘘日記も実際のストーリーを参考に書いているのでまぎらわしいですが、あれに書かれている内容の99%はでたらめでできています。
よい子の皆は信じちゃダメですよ♪


冒頭は面白そうだな、と思ったグレン城のストーリーが、蓋をあけてみたらあまりにお使いイベントすぎたので、嘘日記で色々盛ってしまったのです・・・。
反省はしていない。
個人的にグレン城のストーリーの全盛期は、牢屋の中で色々会話していた辺りだと思ふw


スポンサーリンク


ドラクエ10 プレイ日記帳 目次に戻る  日記帳に戻る  トップに戻る