ドラクエ10 プレイ日記76


スポンサーリンク



さていよいよラストエピソード・・・の前置きとして、賢者ホーロー爺ちゃんとの触れ合いについて少しお話ししておきます。

ホーロー爺ちゃんとは、ちょっとお茶目な雰囲気の謎の賢者のことです。
キーエンブレムを何個か手に入れる度に鉄道で出会うことができます。



そういや、プレイ日記21でもちょっと話題に出しましたね。
あの時はサラっとしか触れてなかったですが、具体的はこんなやり取りがありました。






Case:キーエンブレム1個入手後
ちょっとした用があって、大地の箱舟に乗って極楽島ラッカラン駅へと向かっていたフリー。
鉄道の窓際で一人のんびりと座っていると・・・。


賢者ホーロー『おぬし どうやら 一度死んで 生き返しを受けた者・・・・・・ すなわち 生き返リストのようじゃな。』


突然、弁当を持った謎のお爺ちゃんがやってきて、唐突にそんなことをしゃべり出しました。
たった一言で「このキャラクターは重要人物です。」とわかる親切設計w

とりあえず自己紹介がてら、互いに名前を教え合います。


賢者ホーロー『・・・・・・ふーむ フリーというのか。 いかにも エテーネの民らしい プリミティブかつ エレガントな名前じゃな。』


あれー・・・フリーのことを生き返リストと見抜いた理由も謎ですが、それ以上になんでエテーネの民だって知っているのでしょう?
・・・でもまあ、エイドス様もフリーがエテーネの民だって知ってましたね。
プレイ日記ではそのこと書き忘れてたけど(オイ)。

生き返リスト=エテーネの民、みたいな常識でもあんのかな?w


さて、ホーロー爺ちゃんは、
・エテーネの村がレンダーシアの真ん中に位置している
・レンダーシアは現在、冥王ネルゲルに封印されている
・勇者覚醒の光はレンダーシアから放たれた
などなど、なんだか重要そうなことをたくさん話してくれました。

また強くなった証拠にキーエンブレムをたくさん集めたら、レンダーシアの封印を解く方法を教えちゃうぞと、駅弁を食いながら約束してくれます
そして極楽島ラッカラン駅に着くと、名物を買うからと言ってさっさと降りてしまいました

↓ コロシアムバーガーの伏線は既に立てられていた(当時(Ver1.0時点)はアイテムとしてのコロシアムバーガーは存在しませんでした)。



うーん、エイドス様と比べるとなんだか軽いノリの賢者様だなー・・・。
まあそういうキャラの方が親しみやすくて良いけどw




Case:キーエンブレム3個入手後
今度は港町レンドア駅に行くために大地の箱舟に乗っていたフリー。
すると駅弁片手にホーロー爺ちゃんがやってきました。

とりあえずキーエンブレムを何個集めたか、爺ちゃんに教えます。


賢者ホーロー『・・・・・・フリーよ。 おぬしには キーエンブレムを6個以上 集めてきてほしいのじゃ。』


爺ちゃん的には、キーエンブレムを6個以上集めるだけの実力があれば、安心してフリーに大事な使命を託せるとのこと。
その使命とは・・・。


賢者ホーロー『・・・その使命とは ズバリ! 冥王ネルゲルを倒し やつに封印された レンダーシアの大地を救うことじゃ!』


大方予想通りでしたw
・・・普段ならそんな危ないこと嫌ですと言いたいところですが(コラw)、さすがに故郷の村を滅ぼした奴が相手なら、是が非でも引き受けたいところですよね。

ちなみにネルゲルはランドン山脈の奥深くの断崖の先にいるらしいですが、爺ちゃんにしかナビゲートできないらしいです。
なんでまあ、ストーリーを進めたければキーエンブレムを6個集めるしかないようですね。


そしてホーロー爺ちゃんは駅に着くと同時に名物を買うからと言ってさっさと降りてしまいました
前会った時と行動パターン同じだなw

↓ 当時(Ver1.0)はアイテムとして存在しなかったグランドタイタス丼の伏線が以下略。





Case:キーエンブレム5個入手後
極楽島ラッカラン駅行きの鉄道に乗っていましたが、蜘蛛との死闘に疲れたのか、フリーは眠りについていました。


zzz。
zzz。

zz・・・鎌?



・・・ネル・・・ゲル・・・?
が、フリー・・・というよりエテーネの民を狙ってやってきた・・・?


冥王ネルゲル『貴様たちは 危険な存在・・・・・・ ひとりたりとも 生かしてはおけぬ・・・・・・。』


おとうさん、まおうがくるよ・・・。

・・・あれ、おとうさんってどんなキャラクターだっけ?
そもそもネルゲルってまおうあつかいされてたっけ?

むにゃむにゃ・・・zzz・・・。


ポンッ、ポンッ。
ポンッ、ポンッ。


ハッ!!
・・・なに、このおでん持ったお爺ちゃん?




賢者ホーロー『・・・・・・ずいぶん うなされていたのう。』


あ・・・ホーロー爺ちゃんだったw
じゃあ、さっきのネルゲルは夢だったのか、な〜んだ。

フリーはさっきの夢を爺ちゃんに話しましたが、思った以上にシリアスな反応をされました。
でも、おでんを食いながら意気込むところがホーロー爺ちゃんw

そしてやっぱり爺ちゃんにとっては、コロシアムバーガーの方が優先順位が高いようで、極楽島ラッカラン駅に着くや否やさっさと降りていきました。
フリーは、相変わらず食い意地張った爺ちゃんだな、などと思いつつ、その後ろ姿を見送ります・・・。




Case:キーエンブレム6個入手後
賢者ホーロー『・・・ふむ。ひと目見て ピンと来たぞい。 おぬし ついに キーエンブレムを6個以上 集めたようじゃな。』


6個目のキーエンブレム入手後、港町レンドア駅に行くために鉄道に乗ってたフリーに会うや否やこの台詞。
しかしなんで6個以上キーエンブレムを手に入れたってわかったんだろう・・・って、あちこちで町や国を丸ごと救うような活躍をすればすぐ噂になるからわかるか・・・多分。


・・・と、いうことで当初の約束通り、レンダーシア解放への道を教えてもらえることになりました。
の、ついで・・・というよりある意味こっちが本命か・・・ついに冥王ネルゲルを倒す機会が訪れそうですね。

ホーロー爺ちゃんは、ネルゲルの元へ行くために、まずはオーグリード大陸にそびえるランドン山脈の冥界への入り口が見える断崖まで来るように言います。
と、そんな話をしている間にも駅に到着したのか、車掌からアナウンスが聞こえてきました。


車掌『次は〜 岳都ガタラ〜 ガタラ〜。 最近 野外を旅する方が 魔瘴の被害に 遭うという事故が 多発しております。』
※岳都ガタラ駅に向かう鉄道に乗っていたのですよ。


んーーー・・・・・・・・・、そーなのかーー?
メギストリスのイベントの時もそうでしたが、ムービーシーン以外ではあんまり魔瘴とか広がっている様子が見えないんで、なんか違和感あるよなぁ。
NPCもイベント絡み以外では、魔瘴の話題出すことそんなに多くないし・・・。

まあドラクエって、どんなに世界がやばい状況に追い込まれても、結構のほほんとした雰囲気があるからなぁ。
それがドラクエというゲームの持ち味とも言えなくはないですがw


それはさておき、このままネルゲルを放置し続けると、魔瘴が増えまくってアストルティアが滅びるかもしれないなどと話すホーローさん。
因縁の決着だけではなく、アストルティアを守るためにも、ネルゲルとの決戦は避けられなさそうですね。

↓ でもやっぱり名物が一番のホーロー爺ちゃんw



そしていよいよネルゲルとの決戦!!・・・・・・・・・・・・。








・・・・・・・・・・・・とならなかったのは、プレイ日記見てたらわかるよねw
※6つ目のキーエンブレムを手に入れたのはプレイ日記57 の時ですw

まあ本当はプクランド、ドワチャッカ、エルトナ大陸のキーエンブレムを全部入手したらネルゲルの元に向かおうかなー・・・とも考えていたのですが、天魔クァバルナにどうしても勝てなくて、どうしても勝ちたくて・・・・・・・・・・・・ってな感じでプレイしていたら、6個どころか10個全てキーエンブレムをGetしていた・・・と。
ホーロー爺ちゃん涙目w

けど当時の管理人は本当に天魔クァバルナに拘っていたんだなー・・・。
だってまあ、天魔クァバルナ戦だけでプレイ日記3ページ分も費やしちゃったくらいだもんなぁ。
・・・他のボス戦のほとんどはプレイ日記0.5ページ分も費やさなかったのにw




まあいつまでも爺ちゃんを放ったらかしにするのも悪いんで、そろそろ物語を進めます。






まずはホーロー爺ちゃんと合流するために、ランドン山脈山頂付近 山頂(地図上のH-2〜3辺りのポイント)に向かいました。



爺ちゃんの言ってた場所って多分ここだよね・・・とか思いながら目的地まで行って待っていると・・・。


賢者ホーロー『あれが ネルゲルの居城・・・・・・ 冥王の心臓じゃ。』


あっ、ホーロー爺ちゃん・・・お約束通り、あれから随分経っているのに今ここに来ましたと言わんばかりの態度をw
まあそれはともかく、あの宙に浮いているブラックホールみたいな物体がネルゲルの居城かー・・・。



・・・なんでこんな所に居ついているのかは謎ですがw
エテーネの民の生き残りでも探していたのでしょうか?


さて、ホーロー爺ちゃんは、派手なポーズで派手な光の橋をネルゲルの居城に向けて作り始めました。

↓ 爺ちゃん格好良い!!


しかしネルゲルの居城から黒い雷らしきものが放たれると、光の橋はあっさり壊れてしまいました・・・。




賢者ホーロー『なんという 邪悪なチカラじゃ・・・・・・。』


爺ちゃん・・・そんな台詞吐いたら、かませ犬みたいに見えちゃうよ(泣)。
でも、爺ちゃんの力でダメなら、どうやってネルゲルの居城まで向かえば良いのやら・・・。

そんなことを考えていると、爺ちゃんは連れ合いの予知能力者(♀)から聞いた不思議な予言を話してくれました。


賢者ホーロー『輝ける破邪舟は 時の海を渡り 救世主 大いなる闇を 越える・・・・・・ とな。』


・・・破邪舟?
なんか闇属性に強い空飛ぶ舟らしいですが、どうやらそれを使えばネルガルの居城まで行けるんじゃないか、とのこと。
そして、破邪舟の使い手の末裔はどうやらグレン城下町のどこかで暮らしているらしいです。


というわけで、フリー達はネルゲルの居城に行くため、破邪舟の魔法使いに会いに行くことになりました。




しかし連れ合いの予知能力者(♀)って・・・アルウェ?
・・・でも連れ合いにしちゃ、ホーロー爺ちゃんとアルウェじゃ年離れすぎてるよなぁ。
じゃあアバさまのことを言ってるんでしょうか?

・・・・・・そういやプレイ日記50を見る限り、幼年期のホーロー爺ちゃん、アバさまに惚れてたみたいなんだよなぁ。
そしてホーロー爺ちゃんとシンイ(アバさまの孫)の目つきってそっくり・・・まさかな・・・。


スポンサーリンク


ドラクエ10 プレイ日記帳 目次に戻る  日記帳に戻る  トップに戻る