ドラクエ10 プレイ日記82


スポンサーリンク




〜前回のあらすじ〜
とうとう、偽太陽の守護者とご対面。
はたしてフリーは、守護者を倒すことができるのでしょうか!?




ラズバーンはいてつくはどうを多用しつつ、痛恨の一撃やウィップラッシュという鎖を使った特技で、フリー達に襲い掛かります。
しかし・・・。



・・・天魔に比べると、なんか攻撃がぬるいなぁw
いや・・・それどころか蜘蛛や暴君よりも弱いのでは・・・まあ最短なら、イッド or マリーンの壁を乗り越えたら戦えるボスだからねぇ。

業火の中にいるボスということで、覚醒ヒャドをメインに攻撃するフリー。
にしてもまあ、1面とはいえ、ラスト手前でヒャドが主力で活躍するのはドラクエ10だけだなw

そして結局、ザオ系呪文すら全く使わないまま、あっさりと勝利しました。



・・・・・・うん、もしかしてベルンハルトはHPやMPをロクに回復しないまま戦ったから負けたのかなー・・・。
いや、まあ1人で戦うにはさすがにキツいか・・・でもルイーダの酒場で戦闘要員を何人か雇っていれば、フリーが過去から来なくてもコイツを倒すことはできた気がします




これにて、偽太陽騒動も一件落着・・・。


守護者ラズバーン『この目で見ることは かなわぬが 我らの王の誕生は 先の世に 運命づけられたのだ! ガハハハハハ!』


な・・・!!
どうやら、偽太陽はすでに充分な量の死者の魂を吸収していたため、いずれ魔族達の王(魔王?)は誕生してしまうのだそうです。



そして、力を失い、崩れ去る神殿レイダメテスと運命を共にするラズバーン。
・・・あれ、神殿レイダメテスが崩れ去る?
じゃあ今、思いっきり神殿にいるフリーはどうなるんだ?

・・・・・・・・・・・・。


ギャーーーー、死ぬーーーー・・・・・・、早く、早くリレミトを!!(オイw)


ドカッ、ドカッ。


あ、足場が無くなって・・・うわー、リレミトが間に合わなかったーーーー。



落ちるーーーー、この高さから落ちたら、ぜぇったい死ぬーーーーーーーー!!
だ、誰か助けてー・・・。


????『フリーーーーーー!!』


ドサッ!!


・・・ゑ?



エルジュ?
それに破邪舟・・・も、なんか見た目が変わってる・・・?

・・・・・・なんか破邪舟の中に落ちた時、えらい衝撃音があった気がしたけど、全然ダメージを受けていない・・・。
そうか・・・きっと、破邪舟に宿る魔法の力が、落下の衝撃も和らげてくれたんだ!!(都合良い考えだなw)

まあそれはともかく・・・助かったよ、エルジュ、ありがとー。


そして・・・。


ボンッ!!!!



偽太陽こと、レイダメテスは消滅しました。
そして枯れた大地に雨が降り始めます。

だけど、1つのドクロの棺桶が妖しげに目を光らせながら、海へと落ちていったのが凄く気になります。
嫌な予感しかしませんが、探索する手段がないからなぁー・・・放置するしかないか。

ちなみに破邪舟の形が変わっていたのは、エルジュ曰く、ガミルゴから継承の儀を受けてきたからだそうです。
い・・・いつの間に・・・というのもありますが、どうやって説得したかの方が気になるw




色々ありましたが、破邪舟により、どうにかグレン城下町まで到着します。
しかし、それで気が抜けたのか、なんとエルジュが突然力尽きてしまいました!!



う・・・うわぁーーーー、空飛ぶ舟操っている状態で力尽きないでーーーー。

そ・・・そうだ、ルーラストーンだ!!(コラw)
ルーラストーンの力を(サポート仲間も入れて)五人に使えば、きっと安全に着陸できるはず・・・・・・・・・・・・。


フォステイル『いけない!!』


しかしその時、フォステイル・・・それにヤクルにガミルゴが不思議な力で、落下する破邪舟を安全に着陸させてくれました!!



をを、ありがとう三人共。
なんか今回はいつもより多くNPC達に助けられてますなw


大勢の人達が見守る中、フリーが神殿レイダメテスで戦っている間、エルジュが継承の儀を受けるためにシオドーアに生涯の服従を誓ったとか、オーガ達にグレン城を返すことを伝えに皆で荒野の集落に行ったら大騒ぎになったとか、舞台裏話を色々聞けました。

↓ 生涯の服従を誓うと言われた時の表情。驚き過ぎだw


・・・エルジュ、ランドン山脈の山頂で待機していると思ったら、2時間も経たない間にそんなに色々動いていたのか!!w
そういや彼、ダメガキだった頃から行動力は抜群にあったからなー・・・それが良い方向に働くと、ここまで大きなパワーになるんだな。
ちょっと感心w


こうして、レイダメテスの脅威も、種族間の争いの種も無くなり、過去の世界に平和が訪れました。
ドラクエ7並にリアルにドロドロした展開だったのに、さすがに切り替え早すぎな気もしなくはないですがw


そして過去で出会った人々ともお別れです。


ヤクル達エルフは、エルトナ大陸へ帰るそうです。

↓ 生きる時代が違うからもう会えない・・・とも、フォステイルみたいなのもいる以上、そうとも言い切れないんだよなぁw


ちなみに去り際に「まだ終わりではなく始まり。」とかそんな事を言い出しました・・・未来でトラブル発生フラグがまた1つ増えたw


フォステイル達、プクリポもプクランド大陸に帰るそうです。
「またどこかで出会えそう」とか、どう見ても伏線でしかない台詞を吐きつつ、彼もグレン城下町から去っていきました。

・・・・・・フォステイル(´・ω・`)

例え、キザなところが笑えたとしても、氷鳥のはね程度の入手に手こずる四術師様(笑)だったとしても・・・過去のお前はとても良い奴だったよ。
それが未来では、バズズを軽くあしらえる癖に、ノーマルイッドごときの始末のために、罪もないプクリポ(♀)を捨て駒にするような奴になってしまうなんて悲しすぎる・・・。
まあどうせあの一件はスルーされるか、仕方なかったみたいなオチになるのだろうけど。

・・・せめて彼がアルウェの他に、罪無き者を犠牲にしたりしていないことを祈るばかりです。


シオドーア達人間や、ガミルゴ達オーガは、まだ元いた場所に滞在しているようですが、未来のグレン城がオーガ達の城になっている以上、約束は果たされるでしょうね。
なお、シオドーアはいずれ遠い地に旅立つとか話していましたが、エルジュに生涯の服従を誓わせる気はあるのでしょうか?
・・・まあ、どう転んでもそう悪いことにはならないだろうけど。


そして、本ストーリーで一番付き合いの長かったエルジュともお別れです。
エルジュは、こればかりは疑ってもしょうがない、フリーの「500年後から来た」発言を信じ、破邪舟の術を本来のフリーの時代へ届けてくれることを約束します。
まあ結果的に、フリー本来の目的も果たされたようですね・・・良かった、良かった。

しかし、初めはダメガキだったエルジュが、最終的には英雄と呼ぶにふさわしいキャラクターに成長するなんて感慨深いですね。
まるでダイの大冒険のポップを見ているかのようです。



けどまあ、こういうキャラクターも少なくなってきているよなー・・・。
おそらくこういうキャラクターを「作れなくなった」のではなく、「作ることが許されなくなった」のでしょうが。
・・・うん、だんだん世の中が長い目で物事を見ようとしなくなってきているからね(コラw)。




まあ何はともあれ、これで過去の世界の冒険も終了しました。



フリーの過去の行いが、現在の何に影響を及ぼしているのか・・・・・・。


スポンサーリンク


ドラクエ10 プレイ日記帳 目次に戻る  日記帳に戻る  トップに戻る