スーパーボンバーマン3 ドクロ


スポンサーリンク


■初めに
スパボン3では、バトルモードのみ、アイテムの「ドクロ」が登場します。
誤って「ドクロ」を入手すると、ランダムで病気に掛かってしまい、バトルで不利となるので注意。
※ごくまれに有利になる事もありますがw

ドクロを取っても、他のボンバーマンに触れると効果を移せる他、なんらかのアイテムを取っても解除出来ます。
※ルーイに乗ってない状態ならタマゴでもドクロを解除出来ます。
  既にルーイに乗っている状態でタマゴを取ってもドクロを解除出来ません。

爆風で当てても、吹っ飛ぶだけで消せませんが、パワーグローブやボムキックにより、押し潰す事は可能です。


■効果
●ゲリ
自動的に爆弾が設置されます。

ドクロの効果の中でもかなり危険な方で、特にボムアップをたくさん取っている状態でこれに掛かると高確率で死にます
一応、自分だけがルーイに乗っているとかなら、特攻して敵を強引に倒すなどの使い道もあるけど・・・ww

●最低病
爆弾の火力が1ブロック分になります。

攻撃力が大きく低下し、ソフトブロックを破壊する効率も悪くなるので、結構痛い病気です。
・・・まあ、場合によってはこの病気のおかげで自滅せずに済んだ、なんて事もあるかもしれませんがw

●俊足病
移動速度が異常に速くなります。

ボンバーマンの制御が難しくなり、自滅の危険が増す反面、高速で移動可能になるため、どんなアイテムを取るよりも強くなれます。
場合によっては、大歓迎って方もいるかもw

●せっかち症候群
爆弾が爆発するタイミングが短くなります。

のんびり症候群とは対照的で、結構危険な病気ですが、やりようによっては攻撃に役立つかもしれませんw
ちなみに、この病気中に爆弾が爆発するタイミングは約1.5秒です(通常は約2.5秒)。

●チェンジ
他のボンバーマンと位置が入れ替わります。
なお、入れ替わった後は、ドクロ状態は解除されます。

ドクロにしてはかなり異端な効果で、時と場合によって+にも−にもなるので、なんとも言えないですw

●止まれん病
壁などにぶつからない限り、止まれなくなります。

スピードアップをたくさん取っている状態でこれに掛かると厄介かも。

●鈍足病
移動速度が異常に遅くなります。

動くのに不自由するため、この病気の最中に他のボンバーマンに攻められると、高確率で負けますw
わりと歓迎する方も多そうな俊足病と違って、純粋に嫌な病気ですww

●のんびり症候群
爆弾が爆発するタイミングが長くなります。

バトル序盤でこれに掛かると、ソフトブロックを壊すペースが遅くなるので面倒ですが、ドクロの効果にしてはわりとぬるい方w
ちなみに、この病気中に爆弾が爆発するタイミングは約3.5秒です(通常は約2.5秒)。

●不能病
爆弾を設置出来なくなります。

他のボンバーマンやアイテムの元にいけない状況でこの病気に掛かると、自身では何も出来なくなり、半分詰みですw
ドクロの病気の中でも特に厄介な効果だと思います。

●リバース症候群
方向ボタンの方向が逆になります。

ボンバーマンが超上手い人なら、全く害にならないかもしれませんが、基本的には厄介な効果だし、掛かって得な事は全く無いですw


スポンサーリンク


スーパーボンバーマン3 メモ帳に戻る  ゲーム メモ帳に戻る  トップに戻る