トルネコ3 ポポロ不思議の宝物庫 アイテム持込なしで挑戦 日記6


スポンサーリンク


あまりにも鬼畜な宝物庫クオリティに激怒した管理人は、ついに最終兵器ダースを連れての冒険を決意します。

ダースの何が強力かといったら、フロアのどんな場所にいる相手にも、40ダメージの炎による遠距離攻撃ができるところでしょう。
炎を吐く頻度は、フロアに敵が多くいればいるほどあがる傾向にあるようです。
ようじと組んでイカリ状態にすれば、フロアに敵がいる限り、80ダメージの炎による遠距離攻撃を必ず毎ターン行ってくれるようになります。
イカリ状態のダースが炎を吐かない=フロアに敵が存在しないことの確認にもなるので、深層の敵から不意打ちを受ける可能性を大幅に減らすことも出来ます。
さらに火系だけあって爆発にも耐性がある、まさにチート級の仲間です。

しかし弱点もあります。

まずダースは接近戦にはそれほど強くありません
もっとも並の相手なら接近戦でも遅れはとらないのですが、高レベル攻撃・特殊タイプが相手だと話は別です。
さすがに1・2発程度の攻撃では倒されませんが、何発も攻撃をもらうと倒される恐れはあります。
通常攻撃では大きなダメージを与えることは出来ず、目の前に敵がいても遠く離れた相手に炎攻撃を行うこともザラなのもキツイですね。

あと、これはダースに限らずだいたいの仲間にあてはまることですが、状態異常による攻撃に耐性がありません
大目玉の混乱も、ネズミ達の目潰しも、敵兄貴による洗脳も普通に効いてしまいますし、メガンテの石像以外の石像にも弱いです。

遠距離戦にかけては無敵なのですが、目の前に敵がいると弱点も目立つ存在なのかもしれませんね。

とまあ短所もあるので、初めから大量にダースを連れてゴリ押しでクリアするぞ、とは考えていませんでした。
多分ダースばかりのチーム構成だと幅が狭くなり、逆に難易度を上げる結果になると思ったので・・・。
個人的に多種多様なチーム構成で挑戦したかったというのもありますが・・・。

今回のチーム編成は今まで通り、ベホマン・スラキン・ぐんた・ヨガジン・オーメン・ようじ・ブラザー・ランガスの8体と、キースの変わりにダースで9体、あとガイルは連れて行っても敵兄貴に洗脳されて仲間を切り刻むのがオチだと思ったのでチームからはずしました。
で、10体目はなぜかベロベエを選んでしまいました

確か選んだ動機は、食料に困ってもベロコンで雑草大量Get出来るぜ、とか仲間が減ってもこいつを分裂させて捨て駒として補充出来るぜ、とかそんな理由だった気がします。
しかし結局そんなことのためにコイツを連れて行くなら、素直にエンペルでも連れて行くほうがよっぽど価値がある気がします。
完全に選択ミスですね。

まあベロベエはレベル継続ダンジョンの攻略に役に立つ奴じゃないですからね。
敵を生みだす性質を利用して、ポポロ・仲間のレベルアップやアイテム大量ゲットのために使うのが、正しい運用方法だと思います。
一応ベロベエ自身の分身でもあるわけなので、考えてみればえらい残酷な使い方をしていますね(笑)。

こうして2体ほどメンバーを変え、いよいよ4回目の挑戦がスタートしました。
これが「トルネコ3 ポポロ不思議の宝物庫 アイテム持込なしで挑戦 その1 シリーズ」の冒険になります。






スポンサーリンク


日記帳に戻る  トップに戻る