トルネコ3 ポポロ 各モンスター マイナー度 調査帳

〜各モンスターマイナー度(密林の墓場〜遺跡の大空洞 北)〜


スポンサーリンク

モンスター達のマイナー度を評価します。
S、A、B、C、D、E、Fの7段階で評価します。

■密林の墓場
●しびれくらげ マイナー度 A
系統 浮遊系・技系・スライム系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 32 功 10 防 12 EX 11
回復定数 50
修正値 30
所持アイテム なし
特殊能力 しびれ攻撃

普通に使う分には、単なる成長の遅くなったストローマウスとしか言いようがありません。
ただ、ストローマウスと異なりしびれ攻撃が決まれば、攻撃を加えない限り相手を永続的にかなしばり状態に出来るので、通路で敵をかなしばりにして足止めするとか、部屋の出入り口で敵をかなしばりにして侵入を防ぐとか、そういう運用も出来ます。
邪魔にならないところに敵をおびき寄せて、かなしばりにした上で放置して完全に無力化する、などといったことも可能です。

こうして書くと、戦闘回避用のキャラとしては結構有能なんですよねぇ。
とにかくにげてを筆頭に命令を駆使したり、位置関係に気をつけたりしないと、せっかくかなしばりにしても自分であっさり解除しかねなかったりしますが。

もっとも、ストーリー中盤でどれだけ戦闘回避用のキャラが必要か? と言われたらそれまでなんですよね・・・。
きめんどうしと同じで、この手のスキルのキャラは今ひとつ重宝されない傾向にあります。
基本能力値低い、成長遅い、っていう事情もあるからにせよ。

クリア後のダンジョンすら、面子によっては力押し出来るのがポポロクオリティなので、しょうがないかもしれませんが。
不遇だなぁ・・・。

●デーモントード マイナー度 B
系統 水系・悪魔系
成長タイプ 攻撃・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 45 功 21 防 19 EX 50
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 壁越し攻撃・ジャンプ攻撃

素の戦闘力はあくましんかんとほとんど変わらないし、微妙・・・。
一応この系統では最上位種なんですが、乗り換えずにファイアーゲロッグ使い続けてたとしても、あまり大差ないかもしれません。

特殊能力については、壁越し攻撃は普通に役立つスキルですが、ジャンプ攻撃は結構扱い辛いです。
特に待機させているときは邪魔。
水の中に待機させて俺無敵状態、だったとしてもジャンプ攻撃で水の外にでてあれぇー、ってなったりすることもあるし、そもそも陣形がくずれて困ることが多い・・・。
ただ、見事なヒット&アウェイで敵を攻めれることもあるので、マイナスなばかりではないです。

何だか水系モンスターって癖のある奴ばっかのような・・・。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(51〜59F) マイナー度 A

やはり、登場時期が大幅に遅れているせいか、マイナーさに拍車をかけています。

・・・使うとしても戦力不足のときの繋ぎくらいかな。
それでもやや厳しいあたり、トルネコ3の格差社会ではつらい立場なのかもしれません。

例えレベル13まで育てても、悪ゾーンのフライングデビル(レベル1です)にタイマンだと負ける可能性高い、っていうのは凄いキツイよなぁ・・・。
特殊能力のせいで、水系ならではの利点が薄くなってるのも辛いところです。

●あんこくつむり マイナー度 B
系統 水系
成長タイプ 防御・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 30 功 20 防 19 EX 35
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 殻にこもる

名前詐欺のしびれマイマイに比べると、少しだけ基本能力値が高いです。

下位種同様、色々地味な存在ですが、育てればそれなりに強くなります。
メジャーどもにはかないませんが。

そこらへんはなめくじと似たようなものかも。
同じ軟体生物だし。

●コロヒーロー マイナー度 S
系統 剣系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 34 功 9 防 14 EX 20
回復定数 50
修正値 5
所持アイテム なし
特殊能力 HP10以上の相手には攻撃が必ず外れる・ギガデイン(必ず失敗する)

成長タイプとか基本能力値とか以前に、HPが10以上の相手には攻撃が必ず外れる、という素晴らしいほどダメな性質を持つため、誰にも使われることのない悲劇のヒーローです。
必ず失敗するため、実質無意味なギガデイン使用するのが、ダメっぷりを余計に強調しています。
使用率0%だったとしても驚かないぞ。

連れ歩いたとしても、通路でばったり強敵に出くわしたときに、入れ替わってやられるまでの間(1〜2ターンがせいぜいだと思う)時間を稼せがせるとか、リリパットやきとうし等の遠距離攻撃に対して使い捨て装甲板代わりにするとか、それくらいしか使い道が思い浮かびません。
捨て駒みたいな扱いばっかりのような・・・。
でも基本攻撃当たらないし、実用的な特技もないから、他に役に立たせようがないんだよなぁ・・・。

それよりは待機組に混ぜて(敵と1対1になる位置は厳禁)他の仲間が中途半端に討ちもらした敵のトドメでも刺させた方がまだ意味があるかもしれません。
うまくいけばレベルが上がって、捨て駒としてより強固になります(オイ)。

ダメな子ほど可愛いとはよく言いますが、ここまでダメなキャラを愛でれるプレイヤーっているのかなぁ・・・。

●プチヒーロー マイナー度 S
系統 剣系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 35 功 10 防 15 EX 20
回復定数 50
修正値 5
所持アイテム なし
特殊能力 HP10以上の相手には攻撃が必ず外れる・アルテマソード(必ず失敗する)

コロヒーローに比べたら、雀の涙ほど基本能力値が高いのと、特殊能力がギガデインからアルテマソード(もちろん必ず失敗する)に変わっているため、こっちの方が一見強そうです。
・・・どっちも使えないことには変わりないだろとか、そんな真実を突きつけてはいけません。

プチット族は皆揃ってHP1桁の相手にしか通常攻撃を当てれませんが、攻撃が当たる条件が揃っているときでも無意味な特技で不意にすることがある分、実はヒーロータイプが一番ダメな系統だったりします。

以下プチット族について余談・・・。

プチット族はストーリーであれだけ露出しているのにも関わらず、仲間モンスターとしては意図的に役立たずとして設計されているのですが(マージタイプは除く)、何故トルネコ3スタッフの皆様がそういう扱いにしているのかはわかりません。
PS2版ドラクエ5とかにも思いっきり言えることですが。

ゲームって基本的に強いキャラ(というか役に立つキャラ)程人気の出る傾向にあるので、マスコットとしてプッシュするなら仲間モンスターとしてもっと活躍出来るような設計にするのが普通だと思うのですが・・・。
プチット族のキャラクター性からみて、最初から強いのはちょっと不自然かもしれませんが、レベル上げたら大活躍出来るようになるとか、そういう風に設計することも出来なかったわけではないはずです。

プッシュしたいんだか、残念な不人気キャラ(ネタキャラ?)にしたいんだか・・・。

少なくともトルネコ3内では、ハエまどうとかメダパニシックルとかの方が、絶対プチット族より人気高いと思います。
昆虫系モンスターより人気のないマスコットキャラクターなんて、どこのゲーム探してもそうそうお目にかかれませんね。
本当に不思議な連中です。

●ホイミスライム マイナー度 E
系統 浮遊系・魔法系・スライム系
成長タイプ 普通・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 28 功 10 防 9 EX 11
回復定数 50
修正値 50
所持アイテム なし
特殊能力 ホイミ・不規則移動

無制限にホイミで回復してくれる、非常に人気の高い癒し系モンスターです。
ホイミばかりに目が向きがちですが、育てればステータスも中々高水準になります。

ただ、敵と隣接しててもまともに攻撃しなかったり、それどころかホイミで回復することもあったりと厄介な欠点も抱えているため、敬遠するプレイヤーがいそうなのも事実。
よって、一応マイナー度はEということで。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(6〜10F) マイナー度 F

異世界攻略の難易度さえ変えてしまう、チートモンスター。

扱いづらく運用にコツがいるのは事実ですが、好きなだけフロアで粘れるようになる、窮地に陥る機会が減るためアイテムの消耗を抑えられる、など、数多くのメリットがあります。

異世界で回復呪文が使えるのは彼だけで、他に代わりの役割を果たせる存在がいない、という意味でも非常に注目度の高い仲間モンスターです。

この子がいたから管理人は異世界を突破出来た・・・、そう断言出来ます。

●くさった死体 マイナー度 C
系統 ゾンビ系
成長タイプ 普通・早熟
基本能力値 MaxLv 9 HP 45 功 15 防 15 EX 40
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 くさった液・足元にあるアイテムを放物線投げする

成長は早いものの、すぐ育ちきってしまうのがねぇ・・・。

回復呪文でダメージを受ける、勝手に落ちているアイテムを敵に投げつけようとする、といった迷惑な特殊能力を持つため、今ひとつ人気者になりきれていない気がします。

ただ、即戦力としては中々優秀なのも事実で、戦力不足のときに起き上がってくれるとありがたいですね。

なお、いけにえのほら穴では神モンスターと化します。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(26〜35F) マイナー度 C

長期的には運用できないですが、その場しのぎの戦力としてはかなり優秀です。
仲間の数が少なくて心細いな、と感じたら勧誘を狙うのも悪くありません。

アイテムをすぐに投げようとする習性は、とくぎつかうなか、もし覚えてなければここでまってての命令で抑えましょう。

ただし、ホイミスライムが仲間にいるときは、浄化してしまう危険があることを忘れないで下さい。

●スーパーテンツク マイナー度 B
系統 なし
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 38 功 22 防 20 EX 56
回復定数 50
修正値 50
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 さそう踊り

おどる宝石を育てた方が、圧倒的に火力が上&高回避率のおまけつきなので、どうにも使われにくいです。
下位互換というか・・・。

もっとも、下位互換うんぬんを抜きに考えれば、そんなに弱いモンスターでもないと思います。
耐久力はまあまあ高くなるし、何といってもさそう踊りは強力な特技ですから。

まあ、そのさそう踊りを結構色々なモンスターが使えるもんだから、相対的に立場が弱くなっちゃうんでしょうね。
中々悲しい現実です。

●シャーマン マイナー度 A
系統 ゾンビ系・魔法系・杖系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 35 功 20 防 17 EX 45
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 呪いの言葉・くさった死体を呼ぶ

時々いるんですよねー、呪いの言葉みたいに全く効果のない特殊能力を使いたがるモンスターが。
この地点ではまずとくぎつかうなは使えないし、本当に困ったもんです。

おまけに成長遅い、回復呪文を受け付けない、と残念な要素しかありません。
防御・晩成タイプだけあって、鍛え続ければそれなりに頑丈にはなりますが・・・。

もしかして、マイナー度Aという評価すら甘いのかなぁ。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(31〜35F) マイナー度 A

上位種のゾンビマスターが直前のエリアで出てくるあたり、全くもって立場がありません。

正直、数合わせとか、緊急時のその場しのぎとしても、役に立つかどうか疑問です。
まあ、40Fモンハウの捨て駒としてキープするのはアリかもしれません。
・・・道具が呪われるリスクも考えると、狙って勧誘するにはメリットとデメリットの釣り合いが取れてない気がしますが。

とくぎつかうなさえ覚えていれば、無意味な特殊能力は使わせずに済むかもしれませんが・・・基本能力値の低さと成長の遅さはどうしようもないからなぁ。

●キラーマンティス マイナー度 E
系統 技系
成長タイプ 防御・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 50 功 16 防 18 EX 55
回復定数 100
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 2回攻撃・足元にあるワナを作りかえる・足元にある草や巻物を切り刻む・草や巻物を切り刻む

プチット族救出くらいまでの間なら、戦力として十分すぎます。
2回攻撃強いなぁ・・・。

少なくとも、上位種のメダパニシックルが入るまでは、多くのプレイヤーから愛用されていそうですね。

●メイジももんじゃ マイナー度 E
系統 技系
成長タイプ 普通・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 45 功 19 防 19 EX 35
回復定数 50
修正値 50
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 口をふさぐ

さすがももんじゃの上位種、凄く強いです。
誰もが認めるメジャーモンスターでしょう。

ただとくぎつかうなの命令を覚えるまでは、口をふさぐを連発して攻撃しないことがあるのが少し欠点。
命令の調整で、うまく使い分けれるようになれば、中々良い特殊能力ですがね>口をふさぐ。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(16〜20F) マイナー度 F

少なくとも40Fまでなら最強に近い仲間モンスターです。
その気になれば最後まで十分運用可能。

何この青アヒル、勝ち組過ぎる・・・。

●リリパット マイナー度 S
系統 なし
成長タイプ 防御・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 40 功 11 防 12 EX 26
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム 木の矢
特殊能力 木の矢

攻略本にすら、使わない方がいいモンスター扱いされています。
主に特殊能力のせいで・・・。

ただし、彼女?の特殊能力(木の矢攻撃)は決して役立たずなスキルではありません。
反撃を受けずに一方的に攻撃できたり、遠距離攻撃を仕掛けてくる相手にも対応できたりと、他のモンスターにはないアドバンテージがあります。
連れ歩く以外に、待機組に混ぜておくのも効果的ですね。
ほら、待機組ってきとうしやアローインプみたいなのが近寄ると、何も出来ずに攻撃されるがままになりがちですから。

ポポロ自体、矢が使えないため、矢を撃ちたい放題の仲間、というのは本来中々重宝する存在、のはずなのですがねぇ・・・。
敵との間に味方がいようが、平気で矢を撃ちこんでさえこなければ・・・。

特にポポロは基本防御力を上げる手段がほとんどないので、間違って木の矢を撃たれたときのダメージは(レベルにもよりますが)固定ダメージのブレス攻撃などよりも大きいです。
扱いに注意を払えば、誤射される機会も減るのですが、それでも完全に被害を無くすのは難しいでしょう。

下手するとプレイヤーにとって迷惑がかかるという意味では、ホイミスライムも似たようなものですが、リリパットの場合、あきらかにメリットよりもデメリットの方が目立つんですよねぇ。
ポポロの場合、ゲームバランス的に力押しで進めやすい傾向にあるのも、メリットが目立ちにくい原因かもしれません。

せめてレベルが上がれば誤射しないようになる、とかそういう仕様でもあればよかったのに、もったいないことしきりです。
遠距離攻撃系のキャラ全般に言えることですが・・・。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(16〜17F) マイナー度 S

・・・まあ、あれですね。
ストーリー編でも彼女?の矢の誤射は厄介なのに、急激に敵が強くなって対応に一杯一杯の時期に、彼女?のような問題児を連れて行く余裕がどこにあるのやら。
そうでなくても、異世界では回復アイテムにも不自由する傾向があるのでなおさらです。

それに素の基本能力値は、10F付近に出てくる防御・早熟タイプのキャラよりは多少高い、程度ですからね。
接近戦挑まれると倒される危険も十分あります。
高レベルになると接近戦でもある程度安心出来ますが、誤射の危険性も跳ね上がるという・・・。

一応、敵の遠距離攻撃対策の意味も込めて、待機組の護衛を任す、という利用方法もあるのかもしれません。
味方に誤射しないように位置関係に気をつける必要がありますが・・・。

それにしても何とまあ、扱いに難儀するキャラですね。

ただ、スモコンしたいプレイヤーにとっては便利な存在なんでしょうか?
スモコン起動のきっかけ役として。
味方に攻撃してくれる味方、っていうのはそう多くないですからねぇ。
多くても困りますが。

でもどうせスモコン起動のきっかけに使うなら、水がめ使って攻撃力の落とせるドックスナイパーの方がはるかに運用しやすいような・・・。
そう考えるとやっぱり立場ねぇ・・・。

●きとうし マイナー度 D
系統 魔法系・杖系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 39 功 8 防 10 EX 40
回復定数 50
修正値 15
所持アイテム きとうしの杖
特殊能力 きとうしの杖・ピオリムの杖・2マス距離を開けて移動

戦闘力が低めだったり、きとうしの杖による誤爆が厄介だったりと、欠点も多いのですが、味方にピオリムの杖を回数制限なしに振ってくれる、非常にありがたいキャラです。
特に仲間モンスターの場合、ピオリムの杖の効果はフロアを移動するまで続きますので、フロアを移動した直後にピオリムの杖でドーピングしてもらえば、常に戦闘力2倍の状態で運用出来ることも出来ます。
すげぇ。

このサポート能力はクリア後のダンジョンでも十分役に立ちます。
ポポロのレベルが1に下がる封印の洞窟ではさすがに使わない方がいいですが、高レベルなら不思議の宝物庫でドーピング役として活躍させることも可能です。

単純にサポート役に使うならイカリの杖も使えるようじゅつしの方がいい、という意見もありますが、ようじゅつしの困ったちゃんぶりは半端ないですよ、色々な意味で。
あの問題児っぷりは使ったことがある人じゃないとわからないでしょう。
ようじゅつしの厄介っぷりに比べるときとうしなんて可愛いもんです。
そう考えると、まあ一長一短ってところでしょうか。

うわ、しまった。
マイナー度の調査に関する記事なのに、メジャー寄りな奴の語りが多くなってしまったぞ・・・。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(53〜62F) マイナー度 D

ストーリー編に比べ、登場時期が遅くなっているのに人気です。
メガザルロック同様、本質が戦闘要員じゃないからでしょう。

主に仲間モンスターをドーピングして、鍛えやすくするために使用されているような気がします。
特におおめだまのような、素の能力値がそれほど高くないキャラを育てたいときはありがたい存在ですね。

他に替えのいない、貴重な存在ですが、長い間運用するには本人が弱いので厳しいところがあります。
きとうしの杖誤射のリスクもありますからね。

色々と議論の余地が尽きないキャラです。

■密林島のほら穴
●アイアンアント マイナー度 C
系統 なし
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 17 功 13 防 20 EX 19
回復定数 50
修正値 20
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 壁を壊す・通路の交差点の手前で待機する

戦力としてはダメダメですが、壁を壊す特殊能力は発掘に使えます。
そう考えると出番はクリア後のダンジョン以降になるでしょう。
封印前半で使用するつもりならレベル10以上あれば良いですが、封印後半や宝物庫で使用するつもりなら、最低でもレベル50以上は上げておかないと安定して生存させるのは難しいでしょう。

ちなみにゴールドクロウ狙いのときはともかく、封印や宝物庫で本格的な発掘のためにアイアンアント使うぞ、というのは止めておいた方がいいです。
手間がかかりすぎて大変です。
本格的な発掘は、巻物の使えるトルネコお父さんに任せましょう。
個人的には、ついでに連れて、適当に壁掘らせて、運良く発掘出来たらラッキー、程度の感覚で使用するのが妥当かな、と考えています。

その他注意事項として、かってにしてねの命令で壁掘らしているときは、習性上サボりだすことがあるので、よく監視しておきましょう。

●マタンゴ マイナー度 C
系統 なし
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 51 功 22 防 21 EX 77
回復定数 50
修正値 70
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 毒胞子・毒を受けると分裂・毒けし草が当たると50ダメージ

攻撃力を1/4にする毒胞子が強力。
成長は遅めですが、基本能力値が高くステータス的にも十分実用レベルです。
勧誘にもすごく役に立ちます。

けど、敵から毒攻撃を受けると際限なく分裂しはじめ、収拾がつかなくなる恐れがあるため、やや敬遠されがちです。
・・・それさえなければ、十分メジャーになってただろうになぁ。

毒を受けると分裂、という性質はうまく利用すれば経験値稼ぎに使えたりするのですが・・・。

安全に運用したいなら、毒攻撃を行う敵がいるダンジョンには連れて行かないようにしましょう。
間違っても山脈の屋根に連れて行ったりとかはしない方がいいです。

●ぐんたいガニ マイナー度 E
系統 水系・魔法系
成長タイプ 防御・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 47 功 23 防 19 EX 50
回復定数 100
修正値 50
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 特殊攻撃を2ダメージ化(一部例外あり)・群れを作る

ほとんどの特殊攻撃を無効化するチートモンスター。
やや時間は必要ですが、育てればステータス的にも中々優秀になります。

・・・とある動画で、封印のラスト付近まで活躍しているところを目撃しました。
まさかそこまで使えたとはねぇ。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(46〜50F) マイナー度 C

育てれば相当な実力者になるのですが、やたら集団で固まっていることが多い上に強いため、中々勧誘しづらいです。
水ゾーン(46〜50Fのこと)自体、さっさと通りすぎてしまうことが多いため、勧誘する機会自体に恵まれない存在ですね。

単純に特殊攻撃回避、という視点なら、キラースターやリビングハンマーの自爆を(何故か)封じることが出来るひょうがまじんタイプの方が便利ですしねぇ。
戦闘能力的にはカニの方に分があるのですが。

まあ、どっちかといえば弱いから勧誘されることが少ない、というよりかは手が出しづらいため勧誘されることが少ない、という傾向にあるモンスターだと思います。
異世界では案外珍しいタイプだよなぁ・・・。

■密林島の発掘場
●リビングデッド マイナー度 C
系統 ゾンビ系
成長タイプ 普通・早熟
基本能力値 MaxLv 9 HP 50 功 15 防 16 EX 45
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 くさった液・足元にあるアイテムを放物線投げする・同種を呼ぶ

くさった死体の上位互換モンスター。
・・・というか、こっちの方が上位だったの忘れてました。
異世界ばっかりやってると、こいつよりくさった死体の方が上位のように錯覚してしまいますね。

まあ使用感覚的には、下位互換であるくさった死体と大差はありません。
即戦力になってくれるのは良いですが、すぐに落ちているアイテムを投げようとしたり、ホイミでダメージを受けてしまうのはマイナスポイント。
弱くはないですが、他のモンスターの方が扱いやすいかもしれません。

いけにえのほら穴で起き上がってくれると、凄いありがたかったりするんですがねぇ・・・。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(26〜30F) マイナー度 C

使い捨ての即戦力とか、穴埋めキャラとして見るなら悪くありません。

ただホイミスライムによる浄化と、無闇にアイテムを投げつけようとする習性には気をつけましょう。
前者はどうしようもないのですが(特に開幕態勢を整えている途中とか)、後者は命令変更をうまく駆使すればわりと押さえられますよ。

●グール マイナー度 C
系統 ゾンビ系
成長タイプ 普通・早熟
基本能力値 MaxLv 9 HP 50 功 21 防 20 EX 55
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 くさった液・足元にあるアイテムを放物線投げする

仲間としては、他のくさった死体タイプのモンスターより少し基本能力値が高いだけの存在。

戦力不足でかつホイミスライムがパーティにいないなら、勧誘を狙ってもいいのではないでしょうか?

・・・正直な所、酷評するほど弱くもないのですが、育てる楽しみが少なすぎて今ひとつレギュラーとして連れまわそう、という気にならないんですよねぇ。
他に仲間モンスターいっぱいいるし。
ファイアーゲロッグあたりもそうですが、メジャーモンスターになりきれないのはきっとそこらへんに原因があるんでしょうね。

まあ、いけにえのほら穴では神モンスターだったり、特殊な冒険の経歴を埋めるために使役されることもあるので、全く使われることがない、ってこともないとは思います。

●マミー マイナー度 B
系統 ゾンビ系
成長タイプ 攻撃・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 40 功 25 防 13 EX 45
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 なし

成長が早く、攻撃力は中々高くなります。

ただ、ゾンビ系なので回復呪文を受け付けないのが辛い所です。
レベルが上がっても、打たれ強さはさほど伸びないこともあり、何というか安定感が足りないイメージ。

それでもまあまあ強いのですが、より強く面倒な特性を持っていないキラーマンティスとかメイジももんじゃとかがいるので、どうしてもパーティに欲しい存在、とは中々認識されないのかもしれません。
ホイミスライムと共存できないのも、使用率が低い原因の一つとなっています。

回復呪文を受け付けない性質さえなければ、それなりに使われたんじゃないかな? と思えるだけに残念です。
おかしな特殊能力を持ってたり、すぐに成長しきってしまうことの多いゾンビ系の中では、比較的優等生な方ではあるんですがねぇ・・・。

ちなみにくさった死体タイプよりマイナー度高いですが、奴等はいけにえのほら穴という、活躍場所が与えられていますので、こういう結果になっています・・・。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(26〜30F) マイナー度 C

キメラやトロルよりは若干弱いですが、戦力としてそう悪くはないです。
むしろ26〜40Fに登場するモンスターの中では、かなり使える存在です。

ただし、ホイミスライムがいる場合は、浄化してしまう危険があるのでオススメできません。
うごくせきぞうやおばけキノコ辺りで我慢しましょう。

状況にもよりますが、異世界でホイミスライムより優先順位の高い存在なんてそうそういないんですよ・・・。
人気者や権力者と相性が悪ければ、例え本人の資質がそこそこでも正当な評価は得られない・・・何とも寂しい現実です。

●ゾンビマスター マイナー度 A
系統 ゾンビ系・魔法系・杖系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 55 功 23 防 18 EX 60
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 不思議な言葉

基本能力値はそこそこ高いですが、成長の遅さと何より特殊能力が微妙・・・。

不思議な言葉は杖系モンスターの特殊能力を封じる(ただし杖系モンスター以外には無意味)という、簡単に言うと口をふさぐやマホトーンの下位互換的な特技です。
普段は無意味、そして肝心の杖系モンスターは、遠距離からペースを乱してくることが多いため、接近して不思議な言葉を吐かせづらく、結局余計なだけの特殊能力になり下がりがちです。

シャーマンよりは随分マシですが、それでも戦力として優秀とはとても言いづらいです。
とくぎつかうなを覚えてない場合はなおさら。
もちろんゾンビ系なので、回復呪文は受け付けないですし・・・。

まるでマイナーモンスターとはこういうモンスターのことをいうのですよ、と教えられているかのような存在です。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(26〜30F) マイナー度 A

シャーマンよりはずっと強いですがやっぱり微妙です。
まあわりとすぐに杖系モンスターの多く生息しているゲーツゾーンに移るので、そういう意味ではストーリー編よりは恵まれているのかもしれません。
うまくいけば厄介な杖使いである、まどうし、はねせんにん、げんじゅつしをじゃんじゃん無力化してくれるかもしれませんよ?

・・・特殊能力封じるだけなら、メイジももんじゃで十分じゃん、とか言っちゃダメです。

●バーサーカー マイナー度 S
系統 ゾンビ系・剣系
成長タイプ 攻撃・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 30 功 12 防 12 EX 50
回復定数 50
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 バーサーカー状態

うーん・・・、これはダンジョン攻略には趣味モンスターとしても使われることはないでしょうね。
つーか、平気で味方に襲い掛かってくる仲間モンスターって前代未聞すぎです。

といっても実は管理人にとっては、結構使用率高いモンスターだったのですが。
何といっても、バブリンタイプの仲間から合成物を取り出すときに凄く便利なんですよね。
基本的にポポロも仲間モンスターも、わざと仲間に危害加えるには一手間いりますから。

他にも、化石のほら穴で開幕バシルーラの杖→ゴールドクロウ発掘、という使い道もあります。
発掘ならアリ達使う方が安全確実? あーあー、何も聞こえないなぁ。

まあこういった感じに、使い道が全くないわけではありません。
マイナス面でのインパクトが強すぎて、役立たずどころか危険なだけの最低モンスター、というイメージが強いんですがね。

以下余談。

普段は命令変更が不可能なモンスターなのですが、実はダンジョン出発前ならモンスター爺さんの所で命令変更できることが出来ます。
基本的にどの命令出しても完全無視されるのですが、ここでまってての命令は素直に従わせることが出来ます。
世にも珍しい、動かないバーサーカーを拝めれますよ。

・・・何の意味があるんだ? とか言ってはいけません。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(31〜35F) マイナー度 S

誰か異世界でこのモンスター99Fまで連れて、ニコニコ動画にアップしてみませんか?
きっと動画を見た人誰もが神プレイとかコメントしてくれますよ。

管理人なら本気で絶賛します。

●さつじんき マイナー度 D
系統 剣系
成長タイプ 攻撃・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 48 功 16 防 18 EX 30
回復定数 50
修正値 50
所持アイテム なし
特殊能力 痛恨の一撃・思いっきり斧を振る

最強クラス、とまでは言わないものの結構強いです。
成長早いキャラクターって得だなぁ・・・。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(18〜22F) マイナー度 D

メイジももんじゃやハエまどうには劣るものの、戦力として普通に使えます。
ただ多少鍛えるのに時間が必要なので、最初は注意して見ておかないといけないですが。

余計な特殊能力がないので、そういう意味でも扱いやすいです。

●うごくせきぞう マイナー度 B
系統 人形系
成長タイプ 攻撃・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 42 功 20 防 22 EX 43
回復定数 100
修正値 100
所持アイテム なし
特殊能力 なし

マドハンドに召喚させれば、この時期から勧誘可能です。
※一応、南海の地下道のマドハンドを草神+幸せの種でレベルアップさせれば、もっと早く勧誘することも出来ます。
  凄くもったいないですが。
普通に登場するのを待ってると、勧誘できるのはクリア後以降になります。

ちなみに実力自体は、あくましんかんあたりとほぼ同等。
これから先使うには不安が残ります・・・。
戦闘力そのもので見るなら、まだグールやマミー達の方が優秀ですね。

正直しょっぱいなぁ。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(26〜35F) マイナー度 B

普通に使うには頼りなさすぎますが、ゾンビゾーンのモンスターにしては珍しくホイミスライムと共存できるので、穴埋めの戦力として使役されるケースもあるようです。
マドコンすればLv13までなら、育てるのもさして難しくありません。

まあそこまで育てても、同経験値のスライムベスとほぼ実力変わらないのがちょっと悲しい・・・。
攻撃・晩成タイプは成長タイプとして色々不遇だなぁ。

■遺跡の大空洞 北
●キラーアーマー マイナー度 B
系統 剣系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 55 功 25 防 26 EX 75
回復定数 100
修正値 50
所持アイテム なし
特殊能力 1マス距離を開けて移動

あの宝物庫を10階層近く生存した、ということで、管理人にとっては印象深いモンスターです。
詳細は管理人の動画「不思議の宝物庫 アイテム持ち込み無しで挑戦 その3」にて・・・。

そういう経緯もあり、動画「マイナーモンスターズ」でも使役してみましたが、別にそんなに弱くもなかったです。
決定力には欠けますが、耐久力は悪くないですし。

ただ同時期に仲間になるのが彼より強い連中ばっかりなので、結局マイナーなんでしょうね。
トロルとかキラーマシンとか。

・・・立場的な意味で、なめくじ臭ただようモンスターです。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(60〜65F) マイナー度 A

なんと、特殊能力の使えないおおめだまよりは、ほんの少しだけ戦闘力が高いです。
あの神モンスターのおおめだまより。

・・・これだけ書けば、彼が異世界でどういう立場なのかは想像つくと思います。
何故これほど登場時期が遅いのやら・・・。
ギガンテスといい、何と立場に恵まれないことか。

大丈夫、きっと爆ゾーンに備えて使役してくれるプレイヤーもいるよ。
数合わせとして・・・。

●トロル マイナー度 D
系統 剣系
成長タイプ 攻撃・早熟
基本能力値 MaxLv 99 HP 50 功 23 防 23 EX 65
回復定数 100
修正値 100
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 ちからため(イカリ状態のときのみ使用)

強いです。
普通・早熟の連中には劣るとはいえ、攻撃・早熟タイプのキャラは戦闘力が高くて使いやすいんですよね。

ちなみにイカリ状態のときだけちからためを使用するという、訳わからない仕様のモンスターです。
設計漏れ・・・?
別にちからためなんぞ、どちらかといえばない方がいい特殊能力なので、それはそれでOKですが(シーッ)。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(21〜25F) マイナー度 D

同期が優秀すぎることもあり、やや霞みがちですが、十分頼れるモンスターです。
空きがあるなら勧誘を狙う価値はあるモンスターです。

勧誘率の高さ、成長の早さから、戦力不足のときの即戦力としても当てになる存在ですね。

トロル族って何気にトルネコ3ではポジションに恵まれてますねぇ・・・。

●モシャスナイト マイナー度 D
系統 剣系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 51 功 20 防 22 EX 70
回復定数 50
修正値 40
所持アイテム なし
特殊能力 はげしく攻撃する・隣接しているモンスターに化けて特技を使用する・回避率が高い

敵としてはやたら印象が強いですが、味方としては癖が強すぎて、ダンジョン攻略には今ひとつ人気がないです。

モンスターに化ける能力がねぇ・・・。

モンスターに化けたまま敵を倒しても経験値がもらえなかったり、状況によっては味方に危害を加える結果になったり・・・。
おまけにやたらと使用頻度が高いので扱いに困ります。
うまく使えば役に立たないわけではないのですが・・・。

とまあ、普通の戦力として扱うには微妙ですが、コンボで使用する分には非常に役に立ちます。
管理人は主にエビルポットと組ませて、孤島のほら穴ではぐれメタルを大量召喚するなど、レアモンスターを生み出すのに利用しています。

他のサイトでも彼の有効活用方法を紹介しているページは多いです。
あれ?
味方だとマイナー風味に見えて、実は結構メジャーより?

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(58〜65F) マイナー度 A

ぶっちゃけ異世界後半で、これほど癖の強いモンスターを扱う猛者はそうそういないでしょう。
管理人なら怖くて使えないです。
すごい高レベルなプレイヤーなら、うまく使いこなせるんでしょうか。

・・・爆ゾーンで自爆技を真似て自滅するのが目に見えるようだ。

●サンダーラット マイナー度 D
系統 炎系
成長タイプ 守備・特殊
基本能力値 MaxLv 9 HP 6 功 12 防 4 EX 40
回復定数 150
修正値 -168
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 一部の攻撃以外を2ダメージ化・強い光

入手できる爪の関係上、彼女をクリア前に仲間にすることは出来ません。
クロウアンドレア装備でも、仲間にするには最低Lv41以上にする必要がありますので、ご注意を。

一見能力値が低すぎて頼りなさそうに見えますが、爆発耐性あり、マダンテ含むほとんどの攻撃を2ダメージ化、おおめだまもびっくり強い光で部屋全体に目潰し攻撃を仕掛けられるという、チートすぎる特殊能力の持ち主なので、ドーピングしまくって使役するプレイヤーが多発しています。

ドーピングを重ねると、宝物庫ですらある程度安定するのだから凄い。
ただ、ジャスティス兄の洗脳を受けたり、モシャスナイトに特技を真似されると非常に危険です。
運用するなら、そこは警戒しないといけないですね。

仲間モンスターの中でも最強候補の一角で、こいつマイナー度Fでもいいんじゃね? と感じるかもしれませんが、仲間になる確率が低確率すぎるゆえの加入時期の遅さ、安定して運用出来るようするにはかなりドーピングを重ねる必要がある(ちなみに普通にレベルを上げても、成長タイプと性質の関係上、実は全く強くなっていなかったりします)などの事情があるため、マイナー度はDくらいかなと評価しました。

何というか、やりこみプレイヤー向けのモンスター、といったイメージですね。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(71〜75F) マイナー度 -

残念ながら異世界では仲間にすることは出来ません。
あきらめましょう。

まあ仲間に出来たとしても、ドープする余裕のない異世界じゃ全然安定しないでしょう。
攻撃を受けさせないように配慮すれば、サポーターとしては役立つと思いますが。
・・・それなんて劣化おおめだま?

●キラーマシン マイナー度 D
系統 人形系・剣系
成長タイプ 防御・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 60 功 20 防 25 EX 80
回復定数 100
修正値 100
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 2回攻撃

加入率も基本能力値も高く、さらに2回攻撃も可能、ということで比較的メジャー寄りな存在です。

・・・実は同じ2回攻撃の使い手である、キラーマンティスより弱かったりするのですが。
耐久力はほぼ同等なものの、攻撃力がかなり劣っているからなぁ。
主に成長タイプのせいで。

まあ、普通に強いことには変わりないし、このモンスターの場合は、本家でも元々人気の高いモンスターなので、そんなことはあまり気にされずに使われるのでしょうが。
本家知らない人でも、強そうな見た目に惹かれそうですし。

でも、実は案外こういう存在はトルネコ3では珍しかったりします。
ゴーレム、ギガンテス、さまようよろい、アークデーモンetc・・・。
本家でも人気高くて見た目も強そうに見えるのに、他と差がありすぎて結局トルネコ3では使用率低いですから・・・。

キラーマシンの場合は、まだメジャーとの実力差がそこまでなかったのが幸いしたのでしょうね。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(21〜25F) マイナー度 E

メイジももんじゃやハエまどうには劣りますが、中盤の戦力としてはかなり優秀な部類に入ります。
加入率や基本能力値が高いため、ピンチのときの立て直しキャラとしても重宝します。

攻撃力は低いですが手数で補えますし、浮遊フロアではその攻撃力の低さが裏切りのリスク軽減に繋がっています。
水がめで攻撃力低下させられるせいか、スモコンのパートナーとしても人気が高く、ますますメジャー化しているような・・・。

・・・マイナー達が嫉妬の目線を送ってますよ?

●アークデーモン マイナー度 B
系統 悪魔系
成長タイプ 万能・晩成
基本能力値 MaxLv 99 HP 60 功 26 防 27 EX 81
回復定数 100
修正値 100
所持アイテム (フロアアイテム)
特殊能力 なし

成長タイプに恵まれないため、他のモンスターと比べるとやや力不足。
でも使えないほど弱くはないです。
プチット族救出くらいまでなら、一応通用するのではないでしょうか。
・・・防御力が低めなのであまり安定はしませんが。

加入時期は妥当な分、万能・晩成タイプの中ではまだ使われる方なのかもしれませんね。

----------------------------------------
If 異世界の迷宮(60〜65F) マイナー度 A

ギガンテスより多少ステータスが高い程度。
でもふきとばし攻撃がない分、ギガンテスより弱い気がします。

登場時のレベルでごまかしてるように見えますが、基本能力値がフライングデビルやデビルロードよりもはるかに低いんですよねぇ。
それでいて成長タイプが万能・晩成とか恵まれなさすぎです。

ギガンテス達同様、爆ゾーンの捨て駒として使われることがある程度なんだろうなぁ。
全く存在意義がないよりマシですが、何か空しい・・・。



スポンサーリンク


トルネコ の大冒険3 メモ帳に戻る  ゲーム メモ帳に戻る   トップに戻る