記録帳 〜ファイナルファンタジー2〜


スポンサーリンク



■更新日
2017/10/22


■やりこみ度
★★★


■感想
FFは1と7しかやったこと無かったので、2をFC版でやってみようと思いました。
ほとんど知らないゲームだったけど、レベルの概念がなく、パーティアタックでHP・MPを無限に増やせる事だけは知っていたので、ヌルゲー化を避けるためにそれだけは自重しました。
※後で調べた所、HPは無闇に増やしすぎるとなんやかんやあって難易度が上がるらしいw

このゲームをプレイして斬新だなと思ったのは、ワードメモリーシステムです。
※数十年前のゲームに斬新もへったくれも無いけどw
言葉を覚えて、それを訪ねる事で重要なヒントやフラグが立つシステムが面白かったです。
・・・しょっちゅう「?」となるのはあれだけどw

ストーリーの方は最後らへんでラスボスが暴れ出すまでは、終始フィン王国とパラメキア帝国の戦争がメインだったので、冒険している印象はそんなに無かったです。
・・・ってか、いくらストーリーのメインテーマが戦争とはいえ、人や町がポンポン滅んでいく様はさすがにかなり衝撃的でした。
主要メンバー4人以外の仲間達もシナリオの中で次々と死んでいきます。
その死亡率はなんと60%!!

FFってこんな過酷なストーリーだっけ?w

あと、ゲームバランスの方ですが、少しでも横道逸れたら物凄い強敵が現われた挙句、絶対に逃げられず殺されてしまうのが辛かったですw
・・・なんかこのゲーム、強い敵からはまず逃げられないんですよねww
また、同エリアでも敵の強さのバラつきがわりと大きいので、セーブ出来ないダンジョンにて、あと少しでゴールって時に鬼畜エンカのせいで全滅したのも良い(?)思い出。
正直、ボスよりもダンジョンを探索する方が難しいw
戦い方次第で能力が下がる(かもしれない)仕様のせいで、普段から戦い方に気を使わなければいけないのも少し大変でしたねww

あと、地図の出し方知らないせいで幾度となく迷子になりかけました。

そしてアイテムスペースに余裕が無い・・・が、捨てられない重要アイテムや、捨てるべきなのかわからない非売品アイテムが次々増えるouz
アイテムの管理には本当に苦労しました。
当時、ブラットソードの仕様を知らず、「非売品だけど攻撃力低いし、アイテム欄に余裕がないから処分しちゃえ」と売ったか捨てたかしたのは悲しい思い出w

なんか悪戦苦闘ばかりしてましたが、なんだかんだで面白かったです。
キャラクターが固定成長するタイプのゲームも良いですが、キャラクターを自由にカスタマイズ出来るタイプのゲームも、前者とはまた違った楽しさがあります。


スポンサーリンク


記録帳に戻る  トップに戻る